催眠の感想2

お問い合わせ&ご予約はこちら

施術記録・感想

RECORD & REVIEW

催眠の感想2

PCの場合、Ctrlキー と Fキー を同時に押すと、ページ内検索ができます。

 


 

1,自己催眠を行うための時間や場所は、うまく定まりましたか?

時間は、だいたいお昼と夜22時くらいで、場所は、自分の部屋でやっています。
あと、壁に寄りかかって座って(そういうソファー?)でやっていたのですが、かかとと腰が痛くなってしまうので、勉強机とイスでやるようになりました。

2,現在、自己催眠をしている場所や時間に定まるまでの、経緯を教えて下さい。

場所は、邪魔が入りにくいのと、わりかし綺麗にしている部屋だったの で。
時間は朝がいいと聞いていたのですが、催眠にどれくらい時間がかかるか定まらないから、仕事に遅れないかと時間を気にしなきゃいけないのでやめました。

あと、眠たくなるので(;^_^A
1日二回はやりたいので、続けてやるには集中力が必要で、昼と夜に分けています。

3,自己催眠を始めて如何ですか? 感想や疑問点について教えて下さい。

毎日の中で疑問に思ったことを催眠ノートにつけたしてかいているので、今日またまとめて質問させて頂きますm(_ _)m

感想は調子いいと思います。
まず、催眠療法を受けてから、死にたいと思わなくなりました。

それだけでも催眠に行った甲斐があったと兄にも言ってるし、自分も楽になりました。

あと、面倒くさがりと何もすることがないと悩んでいたのですが、前より動けるようになったと思うし、暇が続いて落ち込むパターンだったのが、自己催眠という、やるべき事が出来て、暇潰しと言っては失礼なのですが、暇があればやるようにして、何もすることがないと考え落ち込む時間がなくなりました。

ちなみに、今はちょっと忙しいくらいです(;^_^A
なので、催眠の時間をとられると悔しいくらいです。

4,その他何でも教えて下さい。

もう二週間もたったのかっと驚いています。
超面倒くさがり屋の私が、毎日続けられていてすごいと思います!

継続は力なり、テキストにも書いてあるのですが、この言葉に支えられている気がします。

あと、サポートメールは質問が書いてあって答えて終わりかと思てったら、答えた回答にさらに返信頂けるので嬉しいです(^^)


1,催眠療法を受けて、その後自己催眠を続けての1ヶ月間、どんな変化がありましたか?

確かにイライラすることが少なくなりました。

あと、ひがみっぽくてすぐ気分を害するところがありましたが、変なひがみ根性が薄らいで来た気がします。 

2,自己催眠を行う時間や場所、そして、その方法は定まりましたか? 
そして、その経緯を教えて下さい。 

毎朝やりたいのですが、なかなか早起きできず、夜と朝と半々ぐらいです。

場所は朝だと居間、夜はベッドでやっています。

3,自己催眠を続けての感想や 疑問点について教えて下さい。

最初は色々と不安や疑問がありましたが、最近は自己催眠は「潜在意識とつながっている状態」になる 訓練だと思うようになりました。

ただ、潜在意識とつながることが、不安や恐れを解消していくという仕組みがイマイチ理解できていません。 (回答は下)

効果があるのでそれなりに説得力がありますが、この辺を理解できるとさらに意欲が湧いてくると思います。

4,内なる叡智のハイアーセルフとの繋がり具合は如何ですか?

地下の部屋にたどり着いて、庭に出るドアを開けて、「マリア ( ハイヤーセルフの名前 ) 来て」と言うとすぐ光となって現れてくれます。幼少期の振り返りの時などには「見守っていてね」とお願いします。

そして、毎回抱きしめてもらって、今日の一言をもらうようにしています。

タイムリーな一言もあれば、そうでないものもありますが、なんとなく、日々の出来事が気づきにつながっている気がします。

とにかく、一朝一夕にドラマチックな変化はないということと、自己催眠も日々のトレーニングと一緒で急には筋肉は付かなし、急には思いダンベルは上げられない、

ということがすごく腑に落ちており、毎日欠かさずやるという行動につながっています。
それもハイヤーセルフからのエールのように感じています。

【回答】
  付属の催眠誘導文を聞いて自己催眠状態になり、潜在意識と繋がります。
  そして、付属の「日々の自己催眠101日間」というテキストの問いに答えていきます。
  
  潜在意識には、幼児期からの記憶や性格のデーターがたくさん格納されています。
  それを、「日々の自己催眠101日間」に書いてある日々のテーマに則って引き出していきます。

  現在感じる不安や怖れは、幼児期からの記憶や性格のデーターが原因となって引き起こされます。
  日々の自己催眠で、その原因を探り、ハイアーセルフに解決方法を教えてもらえます。

  それを実行すると,問題解決ができてしまうのです。

  日々の自己催眠はとてもパワフルです。


毎年 1 月は、いつも心がざわめくため気持ちをいつも心の切り替えを色々な方法(ヒーリングをうけたり、気になる本を読んだり等)と色々としておりました。

時間と費用の関係で、関東ではヒーリングはもう無理と思っておりましたので本当に久しぶりでした。

東京行きの予約しておりました飛行機は、予定していた集合場所まで時間が、大分あり時間がもったいないなあと思っておりました。

丁度そのときラディアンスさんのメールマガジンが届きました。 
HPを何気なく拝見しておりましたら、時間的にぎりぎりおうけできるのではないかと思いお申し込みをさせて頂きました。 

時間的に無理があるかもしれないと不安を感じる中、どうして予約をさせて頂きましたのか、うまく言葉にさせて頂くことはできませんが、行かせて頂きたいという思いがわきあがってのことでした。

これまでの経験から私の心がそれを希望している、私にとって意味があることだと思いました。(そのぶん時間等ご迷惑をおかけしてしまいまして申し訳ございません) 

飛行機の到着時間の関係で遅れてしまい、さらに道が分からなくなったり、ホテルのチェックイン予定時間に間に合うかどうか不安になり急遽、 30 分早く終了させて頂くお申し出をさせて頂き申し訳ございませんでした。

また山崎靖子様が優しく対応くださり、嬉しかったです。(お話からも心の優しさが伝わってまいり素敵な笑顔で心があたたかくなりました)

さらにより早く着く電車のアドバイスもして頂いたお陰で、ホテルのチェックインとあわせて、目的場所にも間に合うことがではました。 本当に有り難うございました。

山崎靖子様にはお迎えに来て頂いたり時間や退行催眠のことなどご無理なことを申しまして申し訳ございませんでした。 

山崎靖夫様のこれまでのご研究をはじめ人々の幸せのためにご尽力をされてこられたことをお話から改めて知り、本当にすごいことをされておられると思いました。

私は催眠を学びたい等の目的もないまま行かせて頂きましたが、帰宅後、心のざわつきがなくなっていることに気がつきとても嬉しかったです。有り難うございました。

それは山崎靖子様のお話をお聞きさせて頂いたお陰で、目に見えない存在から今も続けて見守って頂いているということを改めて確信できたからと実感いたしました。

広島で 10 年以上前から個人的に先生について人としての生き方等について学ばせて頂いておりますので、毎年1月に心がざわつくのは分かっているのですが、今回は、導かれるようにお申し込みをさせて頂きました。

それは、目に見えなくてもいつも見守っているということを改めて気づかせて頂くためだったのだと思っております。

それだけに行かせて頂いて良かったと喜んでおります。



 二日間に渡り、催眠の体験をさせていただきました。本当に貴重な体験でした。価値観、人生観が変わったように思います。

私の場合、右脳開発に、自己催眠が効果的であると、七田眞氏から聞き、脳力アップに繋がれば、思い、参加しました。そしたら、思った以上に、前向きに心の状態が響き、12万円と有給休暇が損ではなく、希望みたいなものができました。 

  それと、セラピストの先生も、非常に包み込みのある導き方で、気持ちよく催眠状態に入る事ができました。これを契機に、自己催眠と瞑想をセットで試みようと思っています。何事も継続してやれるように無理せず、努力する事が肝心ですから。

  イメージや思いは、実現するという事は本当みたいです。否定やマイナス思考、不安は、可能性を閉ざしてしまう模様。しっかりした肯定により、理想と夢、開運は向ってくる事を固く信じる事ができました。 



  催眠を受けて、一番良かったと思えたことは、父に対する気持ちが変化したことです。

それまでの私は、主に進路のことで父と衝突ばかりしていて、父のことが大嫌いになっていたのです。小さい頃は父が好きだったのに、いつの間にこんな仲になってしまったんだろう?と嫌な気持ちですごしていました。

進路が決まらないまま、やりたいことが全然なかったので、しぶしぶ父に従っていました。

  そんな折、父が急死して、それまで抑えていた気持ちが一気に溢れてきました。最初はショックでした。でもそのうち、”私に自分の望む進路を強要しておいて、いきなり死ぬなんて!”という、怨みにも似た感情が沸きでてきて、どうにも気持ちのやり場がなくて鬱病のようになってしまいました。

自分でも、”故人を責めるなんて、私はなんて情けない人間だろう”と思いつつもどうにもなりませんでした。 催眠を受ける前も、”たぶん父について否定的なことしか出てこないだろうな.”と思っていたのですが、受けてみると父と過ごした幸せな幼少時代が次々と蘇ってきました。

そこでやっと気づけました。父に対して不満よりも感謝の気持ちのほうがずっと大きいという事に。父への恨みが消えました。結局、自分のことしか考えられなかったから父を恨むという方向へ走ってしまったんだと思います。 

  人を恨むということはずいぶんとパワーを無駄に消費するんだと思います。父に感謝できるようになってからは、とても楽になれました。人のせいにしてばかりいられない、前向きに進みたい、という気持ちになれました。

  あともう一つ、催眠でその日のうちに変わることができたというような感想をよく見かけるのですが、私の場合、一ヶ月くらいかけて徐々に変わってきました。私は、自分の思ったことをなかなか言えないところがあるのですが、それは人の目を気にするが故のことです。 こんなことを言うと怒るんじゃないか、と遠慮しがちになるのです。

  催眠を受けたあと、”自分だって捨てたものではないはず。もっと自信を持とう.”と思い、少しずつ自分の意見などを言えるようになってきたのですが、他人は私が思っていたよりも結構寛容なんだと感じました。

やはり一朝一夕で変身できるのではなく、少しずつ自信を持てるようになるんだと思います。 催眠がその大きなきっかけとなりました。

催眠を受けるまでも、受けるべきかどうかとずいぶん悩みましたが受けてみてよかったと思います。


勇気を出して行って本当によかった!と言うのが一番の感想です。長い時間、私に対応していただき感謝しています。
  初めて自分の自己投資に充実と満足感を得たような気分です。1日目終了後はやや興奮収まらずでしたが、2日目終了後に何だか・・・軽くなったと言うのでしょうか身も心も不思議な感じで、何が私を悩ませていたのか・・忘れていました。

  申し込み時に書いていた動機を読み返すと、あーそうだったそんな感じしていたとすっかり過去形で思ってしまいました。 

  本当の事を思い出したような感覚、言葉では上手く言い表せませんが・・・両親からの愛を再確認し、これからは自分を大切に信頼して進んでいけそうです。

そしてこれかももっと深く自分を見つめていきたいとも感じました。

こんなに成果があることは想像もしていませんでした。全て任せて、話ができて良かったと本当に感謝しています。


  非常にすっきりしました。過去生については、本当のことかどうか確認のしようがないので分かりませんがたとえ本当でなかったとしても、自分が直面している問題が、必ず浮き上がってきて、それに対してすべきことが分かり、驚きました。

言われてみると、どれも、自分の心の奥底では知っているんだけど意識が押し殺していて、気付かない、そんな気がしました。あとは、これから自分がそれをどう受け止めて生きていくかということだと思います。

催眠自体は、最初は自分の意識が邪魔して浮かんだことを、受け入れられずうまく言葉にできなかったのですがセラピストの方に、いろいろアドバイスをもらい最後のほうは、うまくできるようになりました。 

  また、催眠と催眠の間では、セラピストの方に自分が悩んでいることや、思っていることなどいろいろ質問しましたが、すべて納得のいく考え方を聞かせていただきました。

中には、自分が考えもしなかったいろんな考え方がたくさんあり自分は、まだまだ経験と努力が足りないなって思いました。すごく為になった2日間だったと思います。


  私にとっては、思いがけず「年齢退行」が今の問題を解決する重要な鍵だったと思います。 とても浄化されて、まるでからだ中につけていたおもりがとれたように身も心も軽くなりました。 翌日からは、世の中がぱっと明るく見えるような気さえしたものです。 「癒し」というのはこういうことだと知りました。 

  前世療法は、意外なものもあれば、そうでないものもあり、なんとも不思議なものでした。ただ、私の人生が、あと20年ということは、とても前向きに受け止めることができました。
あと10年で、現在の仕事(子育ても含めて)の総仕上げを行いながら次のステップへの準備を行い、残りの10年で、自分に課せられた人生の目的を達成することに専念するという長期見通しが立ったからです。  

  前世療法を受けるまでは、すぐにでも目的を確認し、そちらに向かって方向転換したいという気持ちだったのですが、人生の目的に沿った幹線道路をきているということ、とりあえず現状を打開するための方法は年齢退行で見つけることができたということで、焦る気持ちが無くなりました。


  年齢退行の3回目では、幼少の頃の両親との触れ合いの場面を再体験しました。
私は子供の感情のまま、あるがままに生きたかったのですが、父親の厳しさと母親の不安気な雰囲気がネックになって両親に気を使い「良い子供」を演じるようになってしまったようでした。

半面で、あるがままの自分の部分を出すことを試みたのですが、そうすると「(父親に)怒られる」「(母親を)悲しませる」という感情が湧き、頭が混乱してボーッとしてしまったようです。そして、その頭の混乱は自分の内面を言葉で表現する能力も狂わせて、両親に本心を伝えられない子供につながってしまったんでしょうね。それ以来、私はあるがまま生きるよりも、周りに合わせた方が良いんだと、頭で納得させてきたのでしょう。 

私はこうした場面を感じ取りましたが、ふだんから気づいていたことだと思います。自分の内面を見つめる作業は日常的にやっているからだと思います。 

  しかし私は想像もつかなかった「泣く」という感情表現をしました。これは正直ビックリしました。その時セッション中ずっと重かった両足の重みから初めて解き放たれた気がしました。当時の出来事を再体験してその時の感情を感じきる大切さにその時初めて目覚め、実感しました。
セッション中に度々出てきた「頭よりハートで感じろ」というメッセージが肌身に染みました。 

  私が今回期待したことの一つに、「本来の自分に目覚めたい」というのがありました。ここ最近強く意識しているテーマですが、いざ焦点を当てて本来の自分探しを始めようとすると言い知れぬ高い壁が立ちふさがり、無力感に襲われる自分を何度も感じてきました。年齢退行の3回目でその壁は崩れ落ちたと信じてます。 

  セッション中では様々なメッセージを発見できました。今年は必ずあるがままの自分を現実化する第一歩を踏みしめる1年にしていきたいです。


  催眠を受けてから何日か過ぎたのですが、催眠の記録をよむとその時のことを割とはっきり思い出せますね。せっかく催眠を受けたのにその時のことを忘れてしまうのではないか,と心配してたのですが,大丈夫みたいです。

催眠を受けてた時はただ普通に記憶を思い出しているだけのようで、本当にこれは催眠なのか、どうしても疑ってましたが、今になってみると、普通に思い出しているだけでは思い出せなさそうなことを思い出しているし、あの集中力もないだろうし、感情の伴い方もちがう。

やっぱり催眠じゃないとできないだろうなあ、と思いました。特に感情の伴い方ですね。その当時の感情がかなり出ますね。

その感情を今の理性とか分析力で分析できて、理解できる。楽になりますね。感情を表現できたり、分析できたりする言葉の存在ってありがたい。

催眠を受けてこの数日、前よりか気持ちが楽になった気がします。
前よりか悩むことがめんどくさくなってあんまり考えこむことが減った気がします。
もちろん全然無くなったわけではないですけど。
考えたり悩んだりがただめんどくさくなって、もういいやってかんじで。
私にとって前より必要が無くなったってことなんですかねえ。(k020911)


 私にとって、とても貴重な体験となりました。長い時間をかけていただき、そして色々なことを教えていただき感謝しています。

  さて、受ける前と受けた後の変化なんですが、まず、自分の感情をよく観察することが出来るようになりました。そして、我慢しなくていいことは我慢せずに感情を押さえることをしなくなりました。少しずつですが自分の感情を観察することが出来るようになってきました。

しかし、自分の感情を表現するうえで、一番良い方法を選択することが、まだ練習不足のようです。心の中は何かの変化が起きたことは感じますが、その変化に入ったばっかりで正直、少し戸惑いもあるようです。

しかし、1歩ずつ自分と相談しながら進めるという確信がもてました。本当にいい経験をさせていただきありがとうございました!これからも、この素晴らしい経験を多くの人に広めてください。感謝を込めて。(h020913)


 時間の感覚が日常と違ってあっという間で、とても有意義な経験でした。最後の催眠から覚める時はえーもう終わりかあ、という感じで名残惜しかったくらいでした。

とはいえ、ずっと泣きっぱなし、涙でドロドロのセッションでしたが・・セッション中感じたリアルな悲しさや寂しさ等は、殆どの回では目が覚めるとスッキリして、体も楽になって不思議でした。

セッション中、何か感じると全く身動きをとっていない筈なのに体が小刻みにゆれるような感覚が何度もあったのが不思議でした。変な例えですがPCでCD-ROMが起動する時のようなぶーんぶーんという感じでした。

音で感じることはあまりありませんでしたが、様々な光景や文字が浮かんだりと主に視覚で体験が出来ました。それから前世退行のとき、かかとが痛くて痛くてたまりませんでしたが、大塚さんがおっしゃった通り帰り道では痛みも消えていました。

これまで夏でも足が冷たくなって困りましたが、あれから冷房の中に居ても足が冷え切ることはなく、やっぱり足にこもっていた何か前世のエネルギーが開放されたんだなと実感しています。

イルカと一緒に泳げる場所があるというお話を伺いましたが、あれから私も友人と行ってみたいと思い早速計画しています。セッションを通じて思ったのですが、目に見えなかった事象や、感じることが出来る事象を素直に感じていけるようになれたらと思いました。

感じることをそのまま信じるということが出来ずに今まで生きてきました。まず私も、とても興味をそそられたイルカと一緒に遊んでみて、どんな風に感じるんだろうなとわくわくしています。 
  セッションを終えてから3日経ちましたが、「自分の中にどんな変化が起きたのかな」と思いつつ、本当に胸のつかえが取れてきたのを実感しています。

催眠を受ける前には毎日毎日胸が苦しくなる様な感覚が何時も消えることはありませんでした。実際、胸が苦しい感覚が起きていたのは、これまでネガティブな思いの為に心身共常に緊張していて、日常の呼吸も浅く乱れていたからかなあと、ひしひしと感じました。

催眠導入時や催眠中は深い深呼吸をしてすごくリラックス出来ていたし、お腹からの深い呼吸って実は心身共々の健やかさに関係があるのかも、ということを体感させてもらいました。 

  恋愛のもつれから人を恨み、復讐し、自分を哀れんで、はたまたそんな自分を責め続け、人と関わりたくない、何もする気にならない、感動することが出来ない、怒れない、笑えない、と、こんな感じで何ヶ月間も真暗闇の中で過ごしていましたから、催眠を受ける前の自分に比べればこんなふうに思えるだけでも相当な回復かなあととても嬉しくなります。

今はだいぶ楽です。これはセッションを受けたことによって過去や前世の自分を知ったことから、自分を責めずに自分が生きている、生きていくということを前向きに考えられるようになったから?

それから実際に自分の潜在意識の中に暗示を入れて頂いたからなんでしょうか。 
いかに今まで自分を粗末にしてきたかも知りました。

自分のことを全然愛していなかったんですね。ありのままの自分を許すことが出来ず、自分に価値も見出せずにいて、きっとそれをどこかで気づいていて向かい合う勇気が持てませんでした。

いつも頑張って何かを演じていた気がします。今世で生きることの意味に触れ、今は何だか心の奥底があたたかくなり意味のない不安や孤独はだいぶ和らいできました。催眠療法を受けようと思ったきっかけとなった一連の出来事は前世の自分が原因であったことが分かりましたが、やはり今世の(過去も含めて)、今世の私としての思考や弱さが呼び寄せた事だと思います。

今はセッションから日数が経っておらず自分の変化への努力が出来ていないからか「さて、これからどうしよっかな」と前向きな意味ではありますが不安と期待を感じているところですが、より良い思考を持つこと自分向かってに軌道修正が始まり、前世の悪影響から開放されたと強く信じて(きっとまた実感するのでしょうか)今世の自分、前世の自分全てひっくるめた自分の魂自体を愛し慈しんで生きていきたいです。

自分の人生に勇気を持って、楽しく進んでいきたい!心からそう思えます。今はそれがとても嬉しいです。 

  それからセッションを通じて、催眠療法についてもっと勉強をしてみたいと思いました。

自分の生の根本、癒しの対象は自分自身の中に隠れていたということを現実に体験し、記憶や意識の世界をもっと深く知りたいと興味を持ちました。

心の開放という感じの2日間を体験しましたが、正直言ってセッション中も顕在意識が変に遮るところもあり、初めての経験とは言え100%素直に開放できなかったかなと思う部分も残って、あまりにも無知なままでセッションを受けたからなのかなと少し残念だったからというのもあります。

学びたいと思うのは自分自身の癒しの為もありますがそれに加え、私のこの2日間の体験やこれから学んでいくことが私の周りの癒しが必要な友人等の参考になればな、と思いました。

ます自分でHPの推薦図書欄で拝見した本を読んでみることから始めて、催眠についての学習方法や手段も探してみようと思います。今度はライトボディのセミナーも受講してみたいです。(k020912)


  まだあれから数日しか経っていませんが、二日間のセッション後、変化しつつある自分を感じております。それも、時間が経つにつれ、どんどん変化してゆくような感覚。今日今この時点の私は、あくまで経過点であって、これからまだまだ変化していくような感じがしています。

  初日に退行催眠を受けた後、その日はホテルに帰ってから自分の変化を感じ取りました。何事も楽しめない気分でいることが多かった私が、その日は何故かうれしくて笑いが止まらなかったのです。

たいしておもしろくもないテレビの場面でも、笑いがこみ上げてきて、鏡に映った自分を見た時には、にっこりと笑いかけていました。

また、普段熟睡する事がなかなかできなかったのですが、その日は早い時間から眠気が出てきて、ゆったりとした気分で睡眠をとることができました。

二日目の前世療法では、ただ不思議な感じがして、これは本当なのだろうか?私が勝手に作り上げたストーリーではないのか、と思いましたが、療法中、体が熱くなり、大量の発汗があったり、冷たい、恐怖、など、場面によって体まで明らかな現象が起きていました。

自宅へ帰宅後は、心が無な状態で、あまり考えたりしないで心静かにしていたい気分でした。そうしているうちに、私が見た前世は、確かに私が、この肉体の中にいる魂の私が、実際に体験したのだという確信を感じ取りました。決して作り話ではない、私の魂があの時あの場面で体験したのだ、と。

私が今のこの時期に、ラディアンスの存在を知り、催眠療法を受けたのは、受けるべくして受けたのだと思います。必然だったのではないかと。 

ラディアンスへ行く前までの私は、実はかなり憔悴しきっていたと思います。常に胸の中にある苦しい感覚にも、もう耐えられなくなっていました。それでも色々な事が起きて、さらに自分で自分を追いつめる状態でした。何も光を見いだす事ができなかったのです。本当に辛い、ただそれだけで時間が流れ、限界でした。 

  それを思うと、本当に今回のラディアンスとの出会いは、救いでした。私の魂が私を救うために導いてくれた・・・ 
今まで私は他力本願的なところがありましたが、今は自分を助けてあげることができるのは、誰でもない、この自分自身なのだと思っています。

退行催眠の中で、あの小さかった頃の私を、大人になった私が抱きしめてあげたように。そしてこれからも、私は私を助けてあげることができるでしょう。もう苦しんでばかりだった私はいません。私が今この人生を使い、より成長させてあげることも、幸せにしてあげることも、きっとできるはずです。 

全ての意欲をなくしていた私ですが、催眠療法を受けたことで、自分の中に意欲がみなぎってきました。私はずっと前から人の心を癒すための仕事をしたいと願ってきましたが、臨床心理士を目指して大学を受験したものの落ちてしまい、それ以後も何度となく夢みてきましたが、環境や年齢、金銭的な事を理由に諦めて、そういう分野は自分の趣味の範囲で続けていくしかないな、と思っていました。看護婦になったものの、違和感がありました。 

セッションの時、大塚さんに「諦めないで下さい」とおっしゃって頂き、色々お話する中で、私の本当の気持ちを思い出しました。

私は本当に苦しかった。でも、私がこの苦しみを体験しているのには何か理由がある、この苦しみは誰かの痛みに敏感に気づいたり、傷を癒すための手助けになるはずだ、そういった気持ちから、心の世界に興味を持った自分というものを。

今、諦めていた自分はもう居ません。私は自分の感じ取るこの思いを成就したい、そんな気持ちでいます。一日も早く、その思いを実現することが、私の自己実現にもつながると思います。

それが、私の魂の喜びでもあります。いてもたってもいられなくなり、夢を実現するために今歩き始めようとしているところです。今はまだ気づいただけに過ぎず、これから私はまだまだ変化していくことができるで しょう。 

自分の中に微笑んでいる子供の私と、ハイアーセルフを感じ取りながら・・・(h020610)



私の人生の中で、初めて自分と素直に向き合った2日間でした。

初めての催眠を体験して1週間が過ぎ、自分自身をじっくりと観察してみて、明らかに”変化”を感じました。

今までは「この病気がある限り、私の人生は真っ暗で何の希望もない。隠したい、逃げたい。全てが病気のせいだ。」と思っていましたが、催眠後は「病気も私の一部で、私を成長させるために存在しているんだ。病気を恥じないで受け入れよう。」と自然に感じている自分がいます。現に病気の症状も和らいできました。両親との関係も、私の中にあったわだかまりが小さくなってきているのを感じています。

実際、催眠中は本当に催眠状態なのか半信半疑で目の前に浮かんでくる場面や言葉も、全て自分が創作しているのでは?と思っていました。しかし、次の日、その次の日と時間がたつにつれて催眠記録を何回も読み返してみると、鳥肌がたってきました。

人生の学びや気付き、目的、アドバイスなどそれは普段の自分では思いつかないような核心をついた言葉ばかりだったからです。 

  今は、薦めていただいた「30日間で理想のパートナーを見つける法」を毎日1レッスンずつ実践し、自己催眠も練習しています。そのたびに、”軽く”なっていく自分を感じています。 

今はとても心強い味方を得た気分です。これから何か問題に出会ったとしても必ずハイアーセルフが導き、答えを出してくれるからです。(t020513)


 1年半振りに受けた今回の退行催眠は、自分に自信をつけさせてくれた。 それまでハイアーセルフとつながっている自覚も無かったし、1年半近く 瞑想を続けてきて何が自分に起こったのか、自分がどう変化したのかの自覚も無かった。

しかし、催眠時にハイアーセルフから聞いたことは、ほとんどが既に瞑想などを通じて知っていたことであった。自分が今までやってきたことは間違っていなかったんだと思えた。

そして、今後の自分の人生 がとても光り輝いて見えたとき、本当に嬉しかった。これからも瞑想をつづけ、自分の魂の成長を促していきたいと思う。(o020206)


 前世を見たり魂の計画の段階を見たりした事で、自分は何年も前から繰り返し生まれては死に、死んでは生まれてきてるんだと実感した。

けれど今この肉体を持って生きている自分は今の自分だけだと思ったら、何故か自分が愛しくそして今がとても愛しく感じられ、今の自分として見るもの接するもの全てが愛しくてなりません。
今の私として生まれ生きているのは今の私だけなのだと気付いた時から、自分を今まで以上大切にしたい気がしました。 
  心がとても穏やかです。


 今日でセッション(標準コース)が終わってから丁度1週間です。どれほど【考えない】1週間であったことでしょう。どれほど【感じる】ことに嬉しさを覚える1週間であったことでしょう。 
常に何か考えていたり、気にしてみたり、悩んだり、そうでなければ本を読んでいたり、テレビやラジオ、音楽を聴いていたり。なにかに追い立てられているかのように、常に何かをやってきました。時間を埋め人生を埋めてきました。

今にして思えば、重要なことを観ないために、そうして常にアレコレやっていたのかとも思えます。僕は30代前半ですが、常にアレコレしてきたことは、夢の中でさらに夢を見ようともがいているようなものだったと感じます。

たった2日でした。合計わずか16時間の旅(セッション)でしたが、生きることに関して学んだことは、それまでの10年間で学んだことよりも深く広いものでした。

アレコレ本を読み、学んだつもりで知識だけを肥大化させてきた10年間よりも、ラディアンスでの2日間のほうがより大きな体験でした。もちろん全ては過程でした。無駄なことは無かったのですが。そう、知識では知っていたのです。アレコレ。でもある種の体験が無いために、知識を行為・行動に変えていけませんでした。 

いま、本当に自分の人生と関わっていくことができる、と感じています。ようやく、ようやく、スタートラインまで来ました。必然ではあったのでしょうが、遠い回り道でした。 

  言葉には制約が多すぎます。催眠の感想を言葉で表現するのは、駄菓子をアレコレ組み合わせて、なんとか懐石料理の味がだせないかと試行錯誤するようなものです。

言葉にならない、言葉以上の、心の底から、深い腹の底からの、巨大で柔らかくて自由な悦び、生命の悦び、命そのもの、あまねく広がる愛を感じ、その中に浸り、『わたし』という経験の素晴らしさに気付き、『わたし』としてただ生きているだけで、どんなに驚嘆する出来事なのかに気付き、たとえ駄菓子であっても、その味を楽しむというのがどれほどトンデモないことなのかに気付き、・・・・・ 

感動とか、嬉しいとか、そんな言葉ではなくて、でもそれらの言葉しかないとするなら、それぞれの言葉を百万回ほど繰り返せばいいでしょうか。一週間たった今、そんな気分です。毎日が新しいです。 
百万回の、ありがとうございました。 

あと30年生きるとして、・・・うわあ、一日百回毎日ありがとう、だ。いくらか(かなり)足りそうもありません。僕の吐き出す呼吸の一つ一つがすべて、ありがとう、です。(t020305)


帰り道はとても清々しく、気持ちも充実していました。 
たった一日でこんなに自分の世界が変わるなんて…正直そんな気持ちです。

始まる前から、“私いっぱい泣くんだろうなぁ”って思ってました。結構いろんなものを心の中にためすぎていてそろそろ抑えがきかなくなると感じていたからです。 
ずっと泣きたい事を我慢してた… 

人前でも一人でも涙をこらえてきたのはどんなにつらくても泣いたらみんなに心配かける。私が我慢すれば済むことなんだ、それは幼い頃から身に付けてきた私の体質かもしれない。

  案の定催眠に入った瞬間から涙が溢れてきました。とめどなく…。初めはすごく恥ずかしかった。でも「いっぱい泣いていいよ。全然恥ずかしいことじゃない」とおっしゃっていただいて、安心していっぱい涙を流しました。

気持ちいいものなんですね、感情を解放するのって。退行していって全然記憶のない頃なのに頭の中にいろんな映像の断片がつながっていって何ともいえぬ不思議な感覚でした。

一番印象に残ったのが、最後の方で今の自分となりたい自分がひとつになる時の映像が例えばディズニーランドのアトラクションで宇宙船の操縦室に座って“さぁ今からワープするぞ”と光の中を一気に突き抜けるような場面がありますよね?

そんな映像が出てきてそれと同時に、足のつま先からエネルギーが体中に入ってきたのがすごい衝撃でした!そしてそれからの私の心が今まで味わったことのない充実した気持ちがいっぱいになったのです!!すごい! 

  でもこれで終わりでないことも知りました。本当に自分を変えていくのはこれからの毎日であること、これはきっかけであり始まりであることを知りました。今までは頭で考えていたことばかりだった気がする…。今まで否定しつづけた自分をやっと心から大好きといえる…。逃げていたことに正面から立ち向かってそんな自分をほめてあげる!!


そんな風に思えるようになったのは、ラディアンスのみなさんのおかげです。(n0203129)


やっぱり、ラディアンスの催眠は今まで受けたどの催眠よりも、比較にならない位良いです。泣かなかったセッションはひとつだけでした。 
私の前世はどれもとても辛い人生であったけれども、決してそれらは、無駄なものではなかったと思いました。 
一番最初に見た前世は、是非自分の存在を今世の自分に知って欲しくてこのラディアンスに連れてきたのだと言っていました。 
2番目がジェラシックパークのようでした。 
3番目は今後の今世の人生にとって非常に重要なセッションであるとハイアーセルフは言っていました。 
それは、まるで今までの人生そのものが凝縮された内容であったからでした。
感動しまくりでした。(t020305)


  二日間お世話になりました。とても不思議な貴重な体験でした。 
半分夢のような、それにしてもあまりにもリアルでした。特に二回目の前世ではいきなりギロチンのシーンが出てきて、質問されているのに恐怖でしばらく声も出ませんでした。涙はもちろん、体ががたがたふるえたり、全身鳥肌が立ったり、とても夢とは思えませんよね。

それと以前からよく頭痛がして、特にひどいときは頭が割れそうに痛くなっていました。そうしたら、一回目の催眠でいきなり頭が割れて死んでたりして、もうびっくり!それで、不思議なことに、催眠を受けてから、まだ一度も頭痛がしないんですよ。

頭痛薬を飲まなくていい日が何日続くかとても楽しみです。是非また体験したいと思います。(h20020223)


催眠を終えて家でテレビをつけたら、イチロウの特別番組をNHKでやっていました。

彼は「コーチにここが悪いのではと言われても、僕の事を一番よくわかっているのは僕自身だから、僕は自分の感覚や勘を一番に考えます。コーチの忠告は僕の次の意見として参考にしますが、やっぱり自分自身を一番信用します。」そう言っていました。周りに惑わされない、自分の感覚を一番に信じる、そういった強い意志が伝わってきました。

催眠にもそのメッセージが出てきていたので、潜在意識がこのような形で私に訴えていると感じました。また最後の方でイチロウがなんとかという打者の打率記録を超えるヒットを打った時「本来観客に元気を与える立場なんだろうけれど、逆に観客からエネルギーをもらった気がします。」って言ってて、あーこれだ私もこれを望んでいるんだって感じました。

エネルギーを共有し合い感動を愛をパワーを大きくしていくって事が今世での目的だって感じました。催眠が終わった直後はそれがはっきりわかりませんでしたが、そのコメントを聞いてピン!とくる感覚がありました。 

それから今の会社を辞めようという気持ちが起こりました。以前から何度か思っていた事なのですが、一歩踏み出す事ができませんでした。今日は、もし辞めたとしたらと考えた時、フワッとした開放感がありました。この感覚は確かだなと感じました。会社のせいばかりではありませんが、今の状況は少なくとも自己犠牲的であると感じました。大塚さんがおっしゃっていた、私はこうである これを実践していこうと思います。それとインナーチャイルドとの会話。(y20011013)


  年齢退行で、小さい頃母親が、何時も家にいなくて、どんなに寂しい思いをしていたか(それは、自分が考えていたものより、ずっとひどいものでした)気づき、泣いて泣いて、とてもすっきりしました。

また、今まで、抵抗が強くて見ることができなかったバーストラウマがはっきりし、非常に楽になりました。2つを体験したことで、20年以上止めることができなかった、つめを噛む癖がなくなりつつあり、トンネルに入ると息ができなかったのが、以前より落ち着けるようになりました。 
前世の体験では、3つの前世で出てきた人物は、それぞれ全く異なったセルフイメージを持っているのに、どういうわけか仲間の裏切りにあったり、仲間に見捨てられ、自分の置かれた状況をよく理解できないまま死んでいくというようなパターンを経験しており、現世でも、同じようなことを何度も繰り返していることに気がつきました。

そして、それは、自分が自分を傷つけるために選んできたもので、不必要であることも分かりました(実は、また会社で同じようなことがあったのですが、少しだけ質が変わったみたいです)。  一つがけから落ちて死んだ前世があったのですが、見て以来、不思議なことに高所恐怖症が和らいだ気がします。

今世の目的を知る8回目は、なぜ後悔するために、これからの人生を生きなければならないのかと、とても抵抗感が強く、嫌で嫌で仕方がなかったのですが、山崎さんに「親や夫と離れていたかったら、そうして良い」と言って頂いたことで、本当にほっとし、やっと安心することができました。 

セッションを受け、他人の言葉や態度に、気持ちが左右されることが、少なくなってきたような気がします。良いことでも、悪いことでも、心の奥深く迄入ってきてしまっていたのですが、ワンクッション置いて対応できるようになったような・・・。 
また、これまで苦手だったことも、以前よりずっと落ち着いて対処できるようになってきました。


  私は看護婦をしていて挫折してしまって、看護婦に戻ろるべきなのかどの病院に戻ればよいのか、それに悩んでいて答えがほしい状態でした。最後の魂の目的を知るというところで、私の魂の目的が看護婦として人を癒すこと、自分が候補に上げていた病院の一つがはっきりうかんできたことがびっくりしました。

なんでかわからないけど、小さい頃から看護婦さんになるのが憧れであきらめようと思っても、気持ちが消えることはなかったので、生まれる前から計画されていたんだと思うとすごいなあと思いました。

母親から辛いことをたくさんされてきて、それ以前の優しかった母親を忘れてしまっていたのですが、催眠で若い頃の母を思い出して、すごくうれしくて泣いてしまいました。お母さんが大好きだったこと、お母さんは私をかわいがってくれたこと、ずっと自分が寂しかったことを思い出しました。 

過去生に戻るときは、できるのかなと不安でした。はじめぼんやりと自分の周りが見えて、浮かんできたことを口にしているうちに、自分でつくっているのかなあと思いましたが、自分の妹で出てきたときに、急に胸がしめつけらなれるように辛くなり、びっくりしました。妹のことを考えると、感情が込み上げてきました。妹を見て、お母さんだ!と強く思いました。 

父と母の魂の光をみたときはとても幸せな気分になりました。 
母親との辛い経験も、それが自分を成長させ、看護婦として進んで行くため計画としてあったんだと思うと、何も無駄なことはないんだと思いました。 

自分の今仲良しの友達が、過去生でも自分の奥さんだったり、親友だったりうれしいのとびっくりするような感じです。自分のおばさんまで過去生で家族だったのがびっくりしたし、遠い昔から一緒にいるなんて素敵な感じです。出てくる人が、今生で誰かというのが、自然にわかるのが不思議でした。 

催眠は、セラピストさんが主役で、自分は何にもしなくても、魔法をかけてもらえるようなイメージを持っていましたが、実際は自分が主役で、セラピストさんがガイドになって、自分で意識を集中していくんだなあと感じました。 

  また、時間を空けて受けてみたいです。


 私がこういう催眠をすることになったきっかけは、ワイズ博士の本(前世療法)を読んだことです。私は今までの人生で、それなりに家庭や会社で悩んだり、壁にぶつかったりするつど、「存在とは」という哲学的な問いを自分にしてみたり、魂と肉体、輪廻転生、生と死などに関する本を読んだりしてきました。

ワイズ博士の本で、はっきりと「輪廻転生みたいなことがある」と確信した次第です。今回、自分がどうしてこういう状況にあるのか知りたくて、ホームページ検索でこの「催眠館ラディアンス」にたどり着いたわけです。 

思い切って催眠を受けてみて本当によかった。セラピストの大塚さんには2日間、終日お付き合いいただき大変感謝しています。催眠の結果得られたことも大きく、生涯忘れられない経験になりました。

このたび送っていただいた記録を読み返しながら、催眠を受けている時の気持ちを思い出し、自然と気持ちが込み上げてきて、何度も涙を流してしまいました。とても純粋できれいな涙でした。ハイアーセルフの言っていることは、自分とは思えないほど素敵です。この言葉に素直に従って生きて行こうと強く確信しました。

今一番の悩みである妻に対しても、見方を180度変えることができました。「私をより高いレベルへ導いてくれている魂」なんですね。有り難いと思うようになりました。ただ、現実の妻は気づきのないまま苦しんでいる(ように見える)。この魂と現実の肉体とのギャップには、まだどうしても慣れませんが・・・。 

いずれにしても、家庭でも外でも、あまり迷わず、自分のハイアーセルフに素直に従って生きることができます。いい意味で自信を持って生きることができます。これが、今回の催眠の最大の収穫だと思います。(u20010404) 


セッションの後、自分の中で何かが変わりつつあります。劣等感がなくなってきたのと、父の様な身勝手な人間も許せるようになり、嫌な上司とも何故かうまくいくようになったんです。他の人間関係も活発になりました。ビジネスにも新展開がありそうです。(s2001/0302)


 いままでもいくつかニューエイジ系のセミナーを受けたことがあるのですが、今回のように感情を伴うものは初めてでした。年齢退行時のインナーチャイルドが杖を持って喜んでいる姿や前世でふった女性の感情は今でも忘れられません。

私の場合はライトボディセミナーから受けたのですが、それが結果的に良かったのかもしれません。頭で考える癖があるので(それも相当頑固に。ここまで頑固だとは思いませんでした)、いきなり催眠からだったら、あれこれ考えてうまくいかなかったかもしれません。

ライトボディの瞑想でリラックスすること習得できていたので良かったと思います。また、逆にライトボデイセミナー終了時での疑問点を催眠時に山崎さんに聞けたのも今後の瞑想のために良かったとおもいます。

身の周りの変化は、まだまだこれからだと思いますが、この四ヶ月間は自分のまわりにある膜をタマネギの皮をむくように1枚1枚はがしていくような気がしましたし、その最後の核の部分がおぼろげながら見えてきた気がしました。

  もっと、もっと瞑想の技能がすすんだ時にもう一度催眠を受けてみたいと思います。(k2001/01/16)

 


・・・
・・・

 

催眠療法の予約

はこちらをクリックして下さい!!


ご予約/お問い合わせ