身体の健康

お問い合わせ&ご予約はこちら

身体の健康

HEALTH

 

身体の健康

 

病気にならない身体をこしらえるための研究をせよ

これは、我が師 井深大翁(ソニー創立者)の言葉です。
この研究成果を具現化したのが、ラディアンスの催眠と瞑想です。

明るく元気にピンシャン生きて、寿命を全うしたらコロッと死ぬ。
こんな人生が良いですよね。

下記により、私たち備わっている「自然治癒力」の向上を図り、病気にならない身体をこしらえる事を目指しましょう。
但し、ラディアンスは医療機関ではありませんので、病気の治療ではありません。

 

ガンにならない心と身体をこしらえる瞑想 2日間コース はこちら

 

 

内なる叡智に繋がりましょう

内なる英知に繋がり 、身体の声、心の声を聞き、心身を喜びで満たすことにより健康増進を図ります。

 

1,意識の仕組みを正しく理解しましょう

上手に効果を活かすには、信頼関係が大切です。
そして、催眠や瞑想についての正しい知識を得ることも大切です。

そこで、
 意識のしくみについて、
 催眠について、
 身体の仕組みについて、
理解しましょう。

 

2,身体の声を聞く

私たちの身体の中には、
血液の流れ、リンパ液の流れ、食物の流れ、の流れ等、様々な流れが有ります。
これらが滞ってしまうと、身体の調子が悪くなります。

内なる英知に繋がり、身体の声を聞くことにより、流れの状態を感じることができます。

滞っているところがあれば、心地よく流します。
すると、とても心地の良い状態になります。

私たちの身体は、傷を負うと痛みを感じます。
すると、私たちは痛む部分を意識し、痛みのない元の状態に戻りたいと思うので、治癒が促進されます。

そこで、普段から身体の声を聞いて、健康を意識することによって、健康増進に繋がります。

 

3,心の声を聞く

病気になると得をする!?
私たちは、表面意識では、病気になりたいと思っていません。
しかし、深層心理では、「病気になりたい」と思っている部分があるのです。

ガン等の病にかかっても、元気に回復できる人と、回復できない人の差、
さらには、病気になりやすい人と、なりにくい人の差は、この思いなのです。

「病気になりたいなんて思っているはずはない」と誰もが声高に言いたいのですが、実は、とても恐ろしい思いがあなたの中にあるのです。
image295
内なる英知と共に、この恐ろしい思いを探り、解決策を得ます。

更に、私たちは、本能的な欲求を理性で抑えて生きています。
そこで、様々な歪みが発生するのですが、これが、身体を蝕みます。

内なる英知と共に、この歪みを探り、解決策を得ます。

普段から、心の声を聞き、いたわってあげることによって、健康増進に繋がります。

 

4,心身を喜びで満たす


「周りで風邪を引いている人がいたから、私は風邪を引いてしまった。」
「発ガン物質に触れたので、ガンになってしまった。」

と思いがちですが、実は違うのです。

「その時に、私の免疫力が低かったので、風邪を引いてしまった」
「その時に、私の免疫力が低かったので、ガンになってしまった」 なのです。

すなわち、免疫力が十分高ければ、風邪のウイルスに対抗して、やっつけることができます。
そして、免疫力が十分に高ければ、ガン細胞に対抗して、やっつけることができます。

私たちの身体の周りには、風邪のウイルス以外にも、たくさんのウイルスがいます。
私たちの身体の中では、毎日のように、様々な部位でガン細胞が発生しています。
それらを、身体の中の白血球がやっつけてくれているのです。

白血球が元気な状態を、免疫力が高い状態と言います。

脳の中の快楽中枢を刺激すると、ドーパミンやβエンドルフィン等の脳内伝達物質が分泌され、免疫力が上がり、自然治癒力が高まります。

これは、山崎の自己紹介の所に記載したように、山崎がソニー社員時代、国立精神神経センターの免疫研究部の医師との共同研究で、ネズミの快楽中枢を電気刺激する動物実験で確認した内容です。

そして、人間の快楽中枢を効果的に刺激する方法として、催眠と瞑想の研究を始めたのです。

催眠を使って、心身を喜びで満たすことにより、免疫力が上がり、健康増進に繋がります。
その方法を堪能して頂きます。

 

 

催眠療法を受けた後で

催眠療法は、一度受けただけでは、大きな変化はありません。
何度も受けることにより、健康増進のための脳細胞のネットワークを構築する必要があります。

「また来て下さいね」と笑顔で送り出して、何度もラディアンスに通って頂ければ、ディズニーランドのようにリピーターの方が増えて大変嬉しいのですが。
しかし、年齢退行や前世療法等の他の催眠療法のコースと同じように、 自宅でも自己催眠により、健康増進ができる方法を提供してしまいます。

何度も通う必要はありません。
健康レベルを、更に上げたくなったとき、ラディアンスを思い出したときにいらしてください。

催眠療法後は、自己催眠用音声と「日々の自己催眠101日間」のワークブック を用い、自己催眠を習慣化することによって、健康増進を推し進めることが可能となります。

 

「ガンにならない健康な身体を作る」へ

 


関連メールマガジン

 第114号 ガン治療に“内なる英知”を活用した例
 第112号 ガンにならない身体をこしらえる


ご予約/お問い合わせ