特定商品取引法についての表記

お問い合わせ&ご予約はこちら

特定商品取引法についての表記

【特定商品取引法についての表記】

 

【プログラム運営・販売社】 :ラディアンス

所在地 :〒170-0012
東京都豊島区上池袋3丁目46-8 第1ビル201号室

メールアドレス inforadiance.gr.jp  
「◎」を「@」に変更してください 

電話番号:03-6912-2705

URL : https://www.radiance.gr.jp/

運営責任者 : 山崎靖夫

支払い方法:銀行振込 クレジット決済

支払期限:申し込み受付後1週間以内または施療日・セミナー開始日前日のいずれか早い期日

引き渡し時期:ネット講座等の視聴アドレスとパスワードは入金確認後3営業日以内

返金について:

参加確定後のお客様都合のキャンセル&ご返金は原則承っておりません。

ご入金または参加確定メールをもって、ご参加確定となります。

確定後のキャンセルはお受けできかねますので 何卒、ご了承下さいませ。

期日変更にて、お願いします。

上記理由:

残念ながら返金申請をする方の多くが「境界性パーソナリティ障害」の症状を有する方ということが分かっています。
境界性パーソナリティ障害の方は、本人も大変苦しんでいます。
しかし、専門科医でも手を焼くほどの病気で、ラディアンスの職員は専門科医ではありませんので手に負えません。

パーソナリティは日本語では人格です。全て日本語で言うと境界性人格障害、そうと診断されると本人はあまりにもショックなので、その方に出す薬にあわせて別の名前を伝える程です。

そこで、ラディアンスでは、その疑いがある方にはお断りをしています。
しかし、その数は人口の50人に一人という割合でかなり多く、事前の判明は難しい場合も多くあります。

境界性パーソナリティ障害の方の特徴は、一般の方には到底信じられないような行動をすることです。

境界性パーソナリティ障害の方は、信頼した人にのみ、特定の症状を示します。それ以外の人にはとても腰が低く、まさかその人が?と信じられません。

特定の症状とは、本人以外は感じることのない突然の恐怖による、怒り・暴言・脅し、暴力、そして、返金申請です。

催眠療法の施療や、瞑想指導は信頼関係により成り立ちます。
そこで、その特定の症状が出やすいのです。

境界性パーソナリティ障害についての詳細は下記ページを参照してください。
https://www.radiance.gr.jp/mm/mm0158.htm

 


ご予約/お問い合わせ