催眠の感想1

お問い合わせ&ご予約はこちら

施術記録・感想

RECORD & REVIEW

催眠の感想1

PCの場合、Ctrlキー と Fキー を同時に押すと、ページ内検索ができます。

 


 

私はその時あった、真実を、心のあり方を知りたかったのです。
お互いの長年つまった心の中のウミの出し合い。何時間、母と言い合いをしていたでしょう…。涙は出るしもう大変でした。

最後には、もう過去の事、どうしたら許してくれるの!と母。私としては、そのとき、一人の女として家族の事を、そして浮気相手とのことをどのように考えていたのか、心の細かい本心を聞きたかったのです。そして、母としてではなく、ひとりの私とは全く違う女性として母の事を考えて理解しようと思っていました。

でも、頑固としてそんなことは説明する必要は無い、あなたには関係ないなんて又自分勝手なことを言いはじめて…又えんえんその自分勝手さが家族を壊したと私が非難!。お互いに、どなりあい、泣き、もうどろどろ状態。そしてもう私は諦めて『もう、帰ろう…どう言ってもわかってはもらえない。』と、玄関に行く途中、今迄辛かったことが全部思い出されてパニックにおちいってしまって泣き崩れてしまったら。

しばらく、間があって『何から話せば言い?どうしたらいい?あなたの病気が少しでも良くなって心が軽くなるなら。』と母が言って、『その人の事をどんなに好きだったか、でも家族を捨てたわけじゃない、辛い状態から逃げたかった、自分はとても弱くて卑怯だった、一生かかってもつぐないきれないかもしれないけれど許してほしい。

どんなに、あなたの(私)幸せを願っているか、大切に思っているかそれだけはわかってほしい』といって抱き締めてくれました。お互いに、涙でぼろぼろでした。でもやっと長年、母と私を隔てていた厚い壁が崩れた気がしました。

私は母のと違う考えを持った、ひとりの女性として、そんな母を理解しようと思いました。心がすーっと軽くなりました。とても安心した気分になりました。もしかしたら、私自身もずっっと母を求めていたのかもしれません。そんなこんなで、『今世紀最大の仲直り』ができました。

良き理解者である主人にもとても感謝しています。そして、力を与えて下さった山崎さんにも…。本当に今は心穏やかで、安心した気分です。一生、母との関係は修復できないものと思っていのに…。

山崎さんには一番に報告。いつも、いろんなこと聞いて下さって、その度に私に勇気と忠告、そして光りを下さって本当にありがうございます。そして、山崎さんにめぐり逢わせて下さった神様にとても感謝しています。 


 私は今回ある人との関係を前世にさかのぼって知りたくてセラピーを受けました。退行催眠の中で、その人とは前世でも一緒で愛し合っていたけれど結ばれず、再会を誓いその生を終えた、直近の過去生を見る事ができました。 
その時、前世から受けている辛い気持ちを手放すセラピーをしていただきました。 
 受ける前は、その人を想う程何かに駆り立てられるような言いようのない焦燥感や絶望感にも似た辛い気持ちがあり、非常に苦しかったのですが、ネガティブな感情は不思議なほど無くなり、精神的にも落ち着きを取り戻しました。
また、その人とは100年待った再会だったのですが、再会を果たした魂の素晴らしさ、ハイアーセルフや神に対する信頼や感謝、こうしてお互いを引き寄せ合い、惹かれあっている奇跡にただただ感謝しています。

 数ヶ月前、その人が初めて私の手を取った時聴いた <やっとこの人と会えた> という心の奥底から響いてきた声の意味も知りたかったのですがやはり、その人との再会を待ち望んでいた私の魂の声だったという事を知ってその声を思い出すたび、この再会を心待ちにした私の魂を、やさしく抱きしめてあげたいような気持ちや私の魂と再会する約束を果たし、私を引き寄せてくれた彼の魂への感謝と信頼、自分の生まれてきた大きな目的の一つを知ることができた実感を新たにしています。 
その目的が何であれ、自分の生まれてきた目的を知りながら生きて行ける事ってなかなか無いことですし、幸せなことですよね。本当にセラピーの効果って大きく、信じられないくらい素晴らしいものですね。ありがとうございました。 
辛くて辛くて、死んでしまった方が楽なのではないかと思うこともありましたが心の中に穏やかさが戻ってきて、とても楽になれた事に感謝しています。

 先日しばらくぶりにその人と会う機会があったのですが、セラピーを受ける前からずっと会っていませんでしたが、会っていなかった長い時間を感じないどころか、以前に比べて私に対するその人の表情や笑顔、雰囲気もよりやさしく穏やかで会っている時間は1時間ほどと短かったのですが、短い時間の中でもそれを見、感じる事によって、私自身がとても癒された感じがありました。そういうことってあるのでしょうか?私たちの前世の事は私だけが知っている状態ですが、 
<私の魂が再会を願った、その魂を宿した人> 
と言う事を知って向かい合うのは、本当に感慨無量でした。(以前は会った後、なぜかどうしようもなく辛い気持ちに見舞われていました) 会わない間は、全く話す機会すらありませんでしたが、私の彼に対する想いや投げかける波動が、セラピー後全く違っている事は確かです。引き寄せ合った<間柄>ならありえるのかな?(k)


 まるで夢を見ていた二日間でした。遠い旅に行っていました。そんな記憶です。 
この旅はこれからの私の礎になるものとなりました。本当に私はこの旅で生まれ変わりました。
  過去は、両親にたくさん愛を貰っていた事、私はとてもかわいかった事(笑)などなど、懐かしく思い出しました。小さい私が欲しかったものは「みんなを幸せにする光のわっか」で実は今の私がそれをもっていて、小さな彼女にプレゼントしました。わかっていたようでわかっていませんでした、すべては私が持っているということを。
 前世では、今の私の行いや考え方がどうしてそうなのか?がいくつも表われていて、納得しました。たとえば、無性にhawaiiがすきであること、現在癒しの仕事の方向へ向かっている事、私が本質的に胃腸が弱いらしい事、首や肩がこっている事、何でも考えすぎてしまう思考回路、いつも海が好きな事、、、などです。 
首や肩のこりは、首を切られて死んだ過去からきているようですが、その後、肩や首の疲れがなくなりました! その後、考え方が、シンプルになりました。自分でも驚いています。
 最近、とても驚いた事がありました。前世2、で、彼と海の底をもぐり空(太陽)を見上げて、バカンスを楽しむ、というシーンがありました。そのシーンは見たことのあ る風景でした。私がたまたま、前世療法にくる前から持っていた、ある画像(添付画像)と同じだったのです。
 この画像を、今の彼に見せたのです。そしたら彼も「見覚えがある(◎o◎)!」。。。と。とても懐かしく感じたそうです。彼は子供の頃から、水に潜って太陽を見ることが好きだったそうです。それはなんと私もそうです。本当に彼と同じ景色を見ていたことを、本当に懐かしく思い出しました。
 前世での人間関係、ほぼ、今もとても深く関与している人々が出てきて妙に納得しました。私は、どうしていけばいいのか、そんなキーワードが随所に出てきています。とても不思議に思ったことは(この人とは前世で○○だった。とか、私は以前○○にいた。とか、○○をしていたなどと)とインスピレーションで浮かぶ事がよくあるのですが、全部当たっていると言う事です。そういった思考はずっと以前から持っていました。
 今後、ずっと心に思っていた癒しの仕事をするのですが、機会があったら、是非、前世療法を学んで、私もどなたかのお役に立つ事が出来たらうれしいなぁ、、、と思います。


 まず、年令退行を受ける前には、「小さいころに虐待をうけてたりしたら、幼い頃のトラウマに戻ってそれを癒すのは大事だろうけど、特にそんな覚えもないしなあ。 
前世に退行するのとちがって、おもしろくなさそう」と思っていました。けれど、実際に年令退行をうけてみると、わたし自身きづいていなかった感情を知りました。 

母が家をあけていたときに感じていた孤独感、さみしさ。それを母に告げることすらできずに「これはしょうがないこと。こんなことで母を困らせてはいけない」と強くおもっていた幼いわたし。セラピストの方に「おかあさんがいないからさみしいのかな?」ときかれても、母を責められてるような気がし、「そうじゃないの、そうじゃないの」と泣きそうになりながら母をかばって感情を押し殺していたわたし。

人の心は、「こんなひどいことをされたからこんなふうに傷付いた」というふうな分かりやすいものではなく、他の人からみたら大したことがないことでも、うける人によってひどく傷付いたり、全く何も感じなかったり、感じるもの、感じかたはちがうんだな、と思いました。

前世退行は、驚きでした。一番はじめにでてきた前世でしたことと同じことを現世でもくり返していました。しかも同じ人に対して。その人とは、会っているとき、いつも「今はこの人といてこんなに楽しいけど、でも絶対かなしい結末で終わる関係なんだろうな」と感じる相手でした。
そのことをその人にいったことはなかったけれど、ある日その人もわたしがしようとすることにたいして「また同じことをくり返すの?いつになったら幸せになれるの?」といわれて、この人とはきっと何かがあったんだろうな、二人ともはっきりではないけれど、それを感じているんだ、と思った相手でした。今から考えると、わたしは前世で起きた悲しい出来事を予感し、それから逃れたいのに、あえてまた同じことを引きよせ、ひきおこした気がします。
全ては決定されていたことではなく、わたしの自由意志によってちがう結果を呼び寄せることもできたにも関わらず、何かにおびえていたわたしは結局同じ過ちをおこしたのだと思います。この場合の過ちとは、わたしがとった行為そのものではなく、幸せになろうとしなかった点だという気が、今ではしています。

何千回、何万回と輪廻転生をくりかえしてきたわたしにこの前世を見ることが出来たのは、今わたしが抱えている問題に一番関係のある過去だからだと思います。  

  前世に妙にこだわったりしたときもあったのですが、一ヶ月たった今では、少しは落ち着いてそのことを考えられるようになったと思います。大事なことは過去がどうだったかを思いだすことだけではなく、(知ることはとても大事だとは思いますが)結局は、現在をどう生きるか、ということではないでしょうか?その点において、8回目でこれからの人生のパノラマをみせてもらい、わたしがどのように生きることがよいのか、人生の課題を知ったことは大きな収穫でした。
出来るだけ、あのときにみた光の道にそった生き方をしていきたいと思っています。
最後に、セラピストの山崎さん、そしてわたしを導いて下さる人々、そして精霊たちに感謝して終わりたいと思います。ありがとうございました。(H)


催眠療法を受けて、1ヶ月あまりが過ぎました。その後私の身におきた変化について、ご報告したいと思います。私がセラピーを受けた目的は、大きくわけて以下の二つでした。

1.対人恐怖症的傾向(特に女性に対して)を直したい。 
2.父親に対する心の葛藤を解決したい。

…のうちの2について、まず劇的な効果が起こりました。それは思いもかけない形で突然やってきたのです。 
今から3週間ほど前、私は近所の定食屋でマンガを読みながら昼食をとっていました。そのマンガ雑誌の中に、父親と息子の関係をテーマにしたものがあったのです。若い頃ヤンキーだった父親は、自分の息子はそうした間違いをさせまいと、つい厳しくして、時には体罰を与えたりしてしまいます。子供の心は揺れ動くのですが、最後には父親の本当のすばらしさ、かっこよさに気が付いて、誇りに思う、と言うストーリーでした。 

よく考えるとそんなに名作と言えるほど感動的な物語でもないと思うのですが、何故かその時の私はびっくりするぐらい感動してしまい、泣けてきてしまったのです。他のお客さんもたくさんいたので、恥ずかしくて涙をこらえるのに苦労しました(^^;)。そして次には自分の父親に対する感謝の気持ちがあふれ出てきました。何度も心の中で「ありがとう、ありがとう」とつぶやきました。驚いたことに、私の中で何十年もくすぶっていた父親へのわだかまりは、完全に氷解してしまったようです。以前の私では考えられない事がおきたのですから。これが、セラピーを受けた最初の成果でした。 

  それに対して、1の対人恐怖的傾向は、つい先日まで特にこれと言った変化を感じていませんでした。しかし、これまた意外な形でセラピーの効果を感じることになりました。 
実は数日前の夜、よく行くチャットルームで、ある人とちょっとしたトラブルになりました。私としては冗談の範疇、その人に対する親しみの表現のつもりでしゃべったことが、結果としてその人を傷つけてしまったようで「不愉快だ」といわれてチャットルームから出て行かれてしまいました。そのあとすぐに私はその人にメールを出し、申し訳なかった、そんなつもりではなかったと詫びました。そしてそのいさかい自体はすぐに氷解させることが出来たのですが、問題はその時の私の気持ちの変化です。 

  以前の私なら、こんな時にどんな気持ちになったか?多分、こんなふうでしょう。 
「ああ、自分が鈍感で無神経なために、また人を傷つけてしまった。自分はなんて愚かなんだろう。これだから女性と付き合ってもいつもうまくいかないんだ。もっと人の気持ちをうまく察することが出来るようにならなければ。ああ、こんなんじゃダメだダメだ…」
そして、その夜は罪悪感と自己嫌悪で悶々と悩んで、眠れなくなってしまっていたことでしょう(^^;)。ところが、昨夜の自分は違いました。お詫びのメールを出したあと、スッと自分の気持ちを切り替えることが出来たのです。 
こんなふうです。 
「結果として自分の態度が相手を傷つけてしまったことは、申し訳ないと思う。それについては謝るしかない。しかし、個性の異なる人間同士が付き合っている以上、こういうことはいつでも起こり得る。つまり、同じ出来事に対する受け取り方が違う、ということで、それはある程度はやむを得ないことだ。人の気持ちを100%察することなど出来ないのが当たり前なのだから。お詫びがすめば、あとは相手の気持ちの問題だから、自分がこれ以上どうこうすることは出来ない」そして私はチャットを止めて、そのあと少し仕事関係の雑用を済ませ、眠りました。ぐっすりと(^^;)。 

  つまり私は、「他人の気持ちを自分がコントロールすることなど出来ない」という当たり前のことが、やっと感情レベルで理解できたのです。精神分析などに若い頃から興味を持っていたので、理屈ではこうした罪悪感が対人恐怖の原因だと言うことは分かっていましたが、その傾向性をどうしても変えることが出来ないでいました。 

私は催眠中にこんなふうに言っています。 「うちのなかにいます。家族みんなが食事をしてます。みんな黙ってる。ぼくはなにか一生懸命みんなを笑わそうと思って、いろんなことをしてます。そうすると、みんなが笑ってくれるから、なんとか自分がおどけてみせようとしてます。笑ってくれるけど、僕がいなくなると、とたんに暗くなる。子供がいないと、悪口をいったり、けんかになったり。だから、ぼくがなんとかしなきゃ。

  私は幼児期に、常にこういう立場に立たされていたようでした。その結果「周りの人が不機嫌になるのは、みんな自分のせい。周りの人の要求に応えられない自分は、存在価値がない」という基本的な心の傾向性が出来上がってしまいました。 

  しかし言うまでもなく、他人の気持ちを100%察して、要求に100%答えることなど出来ませんから、失敗するたびに私は無力感、罪悪感、自己嫌悪などをつのらせていって、次第に人間関係そのものを恐怖し、避けるようになっていきました。とくに気まぐれに感情が変化しがちな女性に対して、より強い恐怖感を感じるようになりました。それだけ、相手の気持ちを察したり、コントロールするのが難しいからです。さらに恋愛関係ともなると、相手の感情の一番深い部分にまでふれあうことになりますから、よりいっそう恐怖感は増大します。これが、恋愛中に「相手との関係が深まると、それに比例して恐怖感も増大する」という私の失敗パターンのメカニズムだったようです。 

実はこうなる前に、伏線がありました。最近私はシャーリー・マクレーンの著書「アウト・オン・ア・リム」を読んだのですが、その中で目が釘付けになった文章がありました。次のようなものです。 
「誰しもが愛を求めている。誰か愛を分かち合う相手を一生を費やして探している。なのに、いざ相手が見つかったとなると、自分を良く見せ続けなければならない心労から、今度は相手から逃げ出したくなるというのは、なんと皮肉なことだろうか」(P132より) 
この「自分を良く見せ続けなければならない」の部分を「相手の要求に答え続けねばならない」に置き換えれば、これはそのまま私の事を言っているようなものです。ああ、これだ、これこそ自分の抱えている問題だ、と思いました。

  そして、その出来事の2日ぐらい前のチャットで、このことを仲間で話していました。その時いたある女性が、旦那さんに対して「何をしても相手は自分を受け入れてくれる、と言う安心感がある」と言ったのです。ああ、そういう感覚こそ、自分に決定的に欠落しているものだな、と思いました。私は全く逆で「少しでも相手の要求に答えられないと、たちまち関係は破綻し、自分は無価値な存在に転落する」と思っていたのですから…。 

  そして、前述の出来事が起こりました。気が付くと、過去の自己嫌悪パターンと全く違う反応をしている自分に気が付きました。確実に、私の心のベクトルが、今までとは違う方向にグルリと変わったのを実感しました。父親との葛藤が解決したことを感じたときは、涙が出てきましたが、今度はなんだかおかしくて笑い出してしまいました(^^;)。 
おそらく、今後私の対人恐怖傾向は、快方に向かうことでしょう。 

今、私はとても爽快な気分です(^^)。セラピストさん、そして出会った多くの仲間たちにお礼を言いたい気持ちです。本当にどうもありがとう。(K) 


  年齢退行の時は、初めからずーと涙が出っぱなしでした。不思議だったのは、今の私が泣いているのではなく、心の中のもう一人の私が、泣いている感覚だったことです。セラピストの方が、質問してくださると私の意識が否定するのですが、心の中の私が、ちゃんとその時の気持ちを言っていました。
今までいかに自分の感じる気持ちを否定して、世間で一般にいわれていることや、親の言っていることを正しいと思おうとして、生きてきたかをその時はじめて感じました。
でも、セッションが終わって、いざ自分が物事に対してどう感じているのかを感じようとしても、なかなか感じることができませんでした。さび付いてしまって動かなくなった機械のようだと思いました。少しずつ自分の感覚を大切にするようになって、やっと、本来の自分が表れてきたと感じる今日この頃で。(S)


  ハイアーセルフとの出会いはすごく感動しました。 
とても親しかった友人に久しぶりに会ったという感じです。懐かしくて懐かしくて 
「んもう、どうしてたのよお。連絡もくれないで。元気だったあ?」 
そんな会話が交わされたのではないかという感じでした。とても嬉しくて嬉しくて抱き合って再会を喜びあった、そんな気がします。 
いったいこの感情はどこから沸き上がってくるのか、もちろん、この時だけでなく、退行催眠の時の感情も不思議でした。楽しくて楽しくてしょうがない、笑いが止まらない、あるいは悲しくて、怖くて、といったとてもリアルな感情です。 

前世療法の時も瞬間瞬間に、とてもリアルな感情が出ました。特に、Tさんの夫が出て行こうとした時の胸が張り裂けそうな気持ちや、Rさんが好きでもない男と結婚することになったときの強い拒否の気持ちなどは、いったい自分のどこに隠されていたのかと思うほどです。 

全体を通して驚くような体験ができました。そして、自分が何につまずいているのかわかったような気がします。また、そのつまずきが取れたとも思います。それは――退行催眠と前世療法との間に少し時間がありましたが、私はその間につきあっていた男性と別れました。というより、自然とそうなったというような感じです。確かにとても辛いものでしたが、こじれるようなことはありませんでした。 

さらに今思うのは、やはり彼のことは今でも好きです。そして私と彼がまたつながる必要があるならば、ごく自然に、再会すると思います。でも必要がないならば二度と会うこともなく、ごく自然に別々の道を行くのだろうと思います。 

いずれにせよ、私はきっと自然に、自分にとって最も良い道を歩いていくだろうと確信しています。そういう自信が出たのも、催眠療法を受けてからです。
さらには、人の心が読めるような感覚を覚えました。もちろん漠然とですが、目の前の相手の奥深い心――特に顔にはっきりとは出ない不安定な感情――などを察知してしまうことが、以前に比べて多くあるような気がします。 

  催眠のセッションで先生に「人の潜在意識は繋がっている」という説明を受けました。以前から私も本などで読んだりしていたことですが、催眠療法を受けてからは「これは単に事実である」と感じるようになりました。どうしてと聞かれても答えようがないのですが。 

  私は催眠療法を受ける前にインナーチャイルドのカウンセリングを受けたり、本を読みあさったりして人間の精神、心理状態などに対し非常に興味を持ちました。そして、これらを通して自分が救われた(うまく言えないのですが)体験を、多くの悩んでいる人たちも体験して欲しい、少しでも自分の「生」というものを有意義に過ごして欲しいと思っていました。そして、本や雑誌、テレビなどを通して、催眠療法はとてもすばらしい解決法だと思い、自分もヒプノセラピストになりたいと思いながら、催眠療法を体験しました。 

そしてそのすばらしい体験に感動し、悩んでいる人に勧めたりもしました。いきなり「催眠」というと、TVなどの影響が大きく、せっかくのまじめな話が飛んでしまうので、本当に悩んでいてここから抜け出したいという切羽詰まった人だけに勧めています。先日、同僚のSさんにラディアンスを進めたのも、自分の体験あってこそです。(S)


 年齢退行と前世療法を体験しました。実生活で、脅威的な変化が現れました。 
  対人緊張があった私ですが、まず人の前に出ても怖さが消えました。人によっては多少緊張しても以前とは全然違います。病気の域を脱出しています。

今までの私の場合、思ったことを言葉にする勇気が持てなかった事がストレスとなっていつもイジイジとしていました。受け入れてくれないのなら、自分さえ我慢すれば良いと思い込み、人の前に立つと真っ直ぐ目を見て話すことが出来ませんでした。 
しかし、今は人の視線を意識する必要がありません。(長い間の苦痛が嘘の様で、目から鱗状態です。) 

  心の中で思った事をすぐ口にしたい、しなければ後悔するという気持ちが急いていて、心の底からエネルギーがあふれ出て爆発寸前の噴火山のようです。何で自分は今までこんなに我慢して来たのかと思うと、バカバカしくて怒りに変わります。辛うじて抑制してますが、自分でもどうしてこんなに(同僚や上司に対して)怒っているのか・・・と思うくらいです。 

仕事は集中力があって非常に能率的で、顧客サービスの対応も「非常に単刀直入で気持ちが良い」と顧客に今日誉められました。嘘の様です。(遠い、昔に経験した快感です!!) 
(E)


 私は、今まで母のしてきた事を、許せずにいましたが、今回お世話になり母の事を、大分理解する事ができました。その事柄については、面と向かっては話せませんでしたが、母が深く反省している事は、良く解り、母としても、私の幼児体験に、自分の影響するところが、多大にある事は習知していた様です。

私も、子供に対して接し方を深く反省させられ、今までわっかていても出来ずにいたのですが、帰宅してからは、なんの抵抗もなく理想的に、接しられる様になり自分でも、驚いています。
子供も、以前より色々な話しを、自分の方からしてくれて、嬉しく思って居ります。仕事の迷いも消えまた、人生には取り返しの付かない事などないと、思える様になり、前向きに努力して行こうと、思える様になりました。また、他人に対して以前より、余裕を持って優しい気持ちで接しられる様になり、悲観的に考えなくなりました。 

今世の目的に添える後悔のない人生を、送りたいという気持ちです。母親との絆が、今までになく強くなったのを感じ、今までより何十倍も良い関係になりました。

  こんな風になるとは、伺うまで思っても見ませんでした。 
今までの人生で、一番有意義なお金の使い方をしたと思います。 
生涯忘れられない貴重な、2日間になりました。本当にありがとうございました。感謝致しております。 

母親のほうですが、父親と8歳違う事もあり、かなり歳をとってきた父を、疎ましく思ったり、腹を立てたり、毎日イライラしていることが、多かったのですが、前世での父との深い繋がりを知り、感謝の気持ちが持て、父に対して大変優しい気持ちで、接しられる様になりました。 
祖母(母の実母)にも、きつい口調で責める様な態度をとる事が、度々ありましたが、幼児期の祖母に対しての感情が癒され、祖母に対しての理解が生まれ、優しく接しられる様になったということです。

  今の自分の生活を、幸せと思える様になり、今世の目的の「愛」に近づくべく、人に対して思いやりを持ち、日々心穏やかに、暮らして行きたいと言って居りました。 
また、先生には、すっかりお世話になり、感謝しています。との事です。 
2日目に、お別れするのが辛くて、涙が出そうになったと言って居りました。
母、娘共々、お礼を申し上げます。(親子で受けていただきました。)


 自分にとってはあっという間の2日間でした。 
時間の感覚が普段とは随分違いますね。 
過去生では、まさに今自分が直面している問題に関する過去生2つが出てきて、「なるほどな」、と思いました。 
それを踏まえつつも、今後どうしていくかは、結局自分で決めて行くしかないんだな、と思いました。 

セラピストの方と、兄・妹の関係の過去生が出て来たのには驚きました。でも不思議と違和感はありませんでした。 

  ハイヤーセルフに会うことが出来たのは感激でした。全身クリスタル状の透明感で、白と黄色の光があり、私を包み込んでくれるような包容力を感じました。騎士のような頼もしい雰囲気がありました。 

ハイヤーセルフと相対している時は、ハイヤーセルフが自分を見ている視線にスグ変わるのが不思議でした。 
ハイヤーセルフが見た私は、物理的にも小さく見えましたが、その私に対して大変大きな愛情を感じていました。 
それ以後、私はいつも大きな存在に見守られているのだな、と感じることが出来るようになりました。 

大変貴重な経験であったと思います。実際に行動して経験して見るということはやはり大切ですね。 
ありがとうございました。(T)


 うける前は自分が子供好きだっていう事が罪なような概念がありました。 
子供が好きでも、こんな男が小学校教師になったり、保育士になったりするのは良くないって自分で考え込んでしまって、で、他の学部に入ったんですが、催眠をかけてもらって、魂の計画を確認した段階で、僕は子供好きであっていいって思いはじめたんです。他の学部にいるけど、保育士の免許マジでとろうって思ってます。

経営学とか情報処理も大事なのはわかるんだけど、やっぱ僕は社会学とか福祉をもっと勉強して子供の為に奉仕する必要がある。って初めてこんなに自信持って目標たてたなぁって思いますよ。本当に、認定試験も採用試験もW合格して大学卒業したら保育園に就職したいです!合格したら報告するね。たぶんあと2年かかるかな。がんばりますよ!! 

あと、恐そうな人見ても警戒しまくって脅える事もなくなりました。友達とも自然につきあえるし。 
一番、催眠をかけてもらって変わったのが、自虐的、無気力、排他的な所。 
自分が嫌いだったけど、好きになった。自信がもてるようになりました。 

 僕の前世ですけど(あんまし前世の事にこだわっちゃいけないよね。)この前、図書館に行く用があって、その国の観光の本を見たんです。その国の人だったっていう前世があったけど、僕が言ってたAっていう地名、今でもあるらしい。それに、白い建物がたくさんあったって、僕言ってたけど、A地方には「白い村」ってのがあるんだって。それとぉ(まだかい。)自分の娘の名前、Nって言ってたけど、「N」ってその国の言葉で語で「女の子」って言うんだって。

まさか 自分がその国のダンサーだったなんて想像なのかもって思ってちょっと調べてみたけど、やっぱ僕の前世だ~って実感しました。絶対卒業旅行はその国に行きます。(前から行きたかったってのもあるし。) 
そのダンスのことを聴くと情熱の血が沸き立ちます!(笑) 

本当にお世話になりました。 
この前、古本屋さんで「インナーチャイルド」っていう本を買いました。これからもっとハイアーセルフとかインナーチャイルドについて知識を深めようかなって思いました。(M)


 最初、「最後の救済」という単語が浮かびました。つまり前世があるのかないのか、それはともかく、愛する人と死別をすることがあっても、いつかまた出会えると思えればそれは究極の救いかな、と。世の中の混乱があまりにも凄まじく、悲惨な事件や事故が増えて、私もまた、それらから無関係とは言えない状態になってきていることを考えると、「不思議、癒し、自然」という99年の日本のキーワードにもからみ、ピッタリでは・・・と、思ったのです。 

  ですが実際に受けてみまして、まず催眠というものを初めて理解することができました。これは不思議でも何でもなく、とても現実的に理解できました。だからこそ、今回の体験が成功できたのだと思います。実際に催眠中に見えたものはとてもリアルで、かつ驚くべき体験でした。 
私自身は「人の思考はプールされ、いつか誰かの役に立つ」という考え方を子供の頃から守っていますので、理解するのは困難ではありませんでした。実感の問題ですね。 

確かであるのは、とても嬉しかったことです。山崎さんのようにキャリアと知識のある方が、真剣に心や魂の問題に取り組み、「地球を癒す」とおっしゃられたことがとても嬉しく感じられました。きっと催眠館ラディアンスにお越しになる方、皆さんがその安心感と喜びを感じられるのではないでしょうか。(T)


 すごく不思議な体験でした。自分はすごく現実主義で、こんな事が起こるとは思ってもみなかったですけれど、実際に自分の中から起こってきた事にびっくりしたり、夢のようだけれど、夢ではないんだよなあと不思議な感覚でいます。 

こんな感覚でパートナーや家族の事を考えると勿論全てが変わってゆくわけではないですが、一緒にいる意味や何故この人を選んだのかが、すごくすっきりして、何をやるにしても自分次第なんだなと相手を思いやる気持ちや感謝の気持ちで一杯になりました。 

すごくシンプルですが、この世に生まれた以上、自分を傷つける事ほど空しい事はないなあと実感しています。 
気づきや癒しという体験は別になんにも困ってないように生活している人にも必要な事でしょうねえ。 
もし、機会があれば、知り合いにも受けてみたらいいよと伝えてみます。とても楽しい体験でした。 
ただ感謝して生きるという事に気づけた気がしています。このままの気持ちで生きていけれればと今は思います。

また、今度は瞑想セミナーに参加したいなあと思います。(M)


 先日はどうもありがとうございました。 ほんとに貴重な2日間を過ごせたと思います。 
  あの後、帰るまでの道すがら 療法の最中には感じてなかったことがどんどんはっきりしてきて涙が出てきそうになるのをこらえて帰りました。そして今まで経験したことないような喜びが身体にあふれていました。 

ずうっと不思議な感覚が残っていて 人や建物などのまわりの風景がいつもと違うように見えてなんだかきらきらと輪郭が光っているような感じがしました。なんだか長いトンネルを抜け出たような爽快さもあってほんとに今まで体験したことのないような気持ちになりました。 

何よりも嬉しかったのは、ハイアーセルフと出会えたことです。やはりちゃんと学んで誘導してもらえればどんなひとでもハイアーセルフに出会えるものなのですね。 本など読んでもピンとこないしどうやったら出会えるのかわたしにはとても曖昧だったのですが、 ほんとうにやってきてくれた時は、ほんとに涙がとまりませんでした。あの感動は一生忘れないでしょう。

  はじめてなのでこつがわからず、「うーん。こんなんでいいのかなあ。」 という感じでしたがそれでもたくさんの気づきと解放があったのはとてもうれしかったです。 両親と自分の間にはあんまり問題がないと思いこんでいましたが、寂しくてそう思いこんで小さいころはがんばっていたのかと気付く とほんとに小さいころの自分を何回も何回も抱きしめてあげたくなりました。 「癒し」とはどういうものなのかよく分かりました。 (S)


 私にとって今回の催眠は、日常にはない体験をしたおもしろい2日間でした。今、ここで改めて自分の人生を振り返り、自分がこれから何を大切にしていきたいかということを考えさせられた、貴重な体験だったと思っています。どうもありがとうございました。 

セラピストの方とも初めてお逢いしたというのに、2日間過ごしただけで なんだかとても近しい人のような、そんな不思議な感覚でした。セラピストの方の顔が少女のようになったり、男性のようになったり、とても大人びて見えたり、と変わって見えたことも私の中で印象に残っています。(A)


 前世療法を受けてから約1ヶ月が過ぎました。受けた後、しばらく何の変化もなかったので、前世療法はあまり効果がない?と思いました。 

しかし、一昨日の職員旅行で、今まで悩んできた対人関係がよくなっていくことに気づきました。私は必要以上に気を遣わず、自然体で同僚と接することができ、とても楽しい旅行でした。 
それから、ずっと話しもしなかった父と話すようになりました。会話の中で、父は言葉に出して謝ることはないけれど、私に対して悪いことをしたと思っている様子が伝わってきました。今まで両親が育ててくれたことに感謝し、これからは親孝行をしたいと思います。 

これまで私は同僚や親との関係を改善したいと望んできたけれど、自分ではどうしたらよいのかわかりませんでした。自分の気持ちが明るく前向きになり、人と接することが以前ほど苦にならなくなったのは、催眠療法のおかげだと思います。ありがとうございました。(M)


 非常に不思議な体験でした。ずーーーと、泣いていたように感じます。特に、或る前世の体験では、声色や口調まで変わり自分の性格ではないとはっきり自分で意識することができました。 自分自身への旅が、一番わくわくしておもしろいのかもしれません。

私の体験が、みなさんのさらなる成長と大いなる愛のために、協力することが出来るのであれば これ以上嬉しいことはありません。 大切なことは、過去に誰であったかということではありません。そこで、何を学ぶべきだったのかを、認め解放していくことなのだと思います。 (T)


 今は、とても心が晴れやかな気分で一杯です。分けも無く何となくウキウキするよう な感じがします。 

私は人を憎む事により、自分自身で自分を窮地に追いやっていたという事を学び ました。 以前 ”人から愛されるよりも、人を愛する事の方が幸せである”という様なニュア ンスが書いてあった本を読んだ事があります。 今は、この意味が良く理解出来ます。 私は人を愛する事によって、その人だけで無く自分自身も幸せになれるという事を学 んだからです。

また、本当は両親から愛されていたのに、その事に気付かず今まで過ごしてきたとい う事を知る事が出来ました。 そして、これまでの人生は決して無駄なものではなく、これからの人生に於いて必要 不可欠なものだった事が分かりました。 

これからは、自分を否定するのでは無く、肯定しながら生きていけるような気がしま す。 今回前世療法を受けた事は、とても有意義だったと思います。本当にどうも有り 難うございました。 (N)


 最初はちょっと緊張しましたが、実際催眠を受けているときはとても心地よくて、リラックスできました。 そして今回催眠を受けて、長い間ずっと疑問だった自分は何のために生まれてきたのか、どうして今の親の元に生まれてきたのか、ようやくわかりました。

  またいつか催眠を受けてみたいと思います。(S)


 私は あの日以来 毎日寝る前にMT法を試しています。そして 覚醒時と睡眠時の間(催眠状態ですよね)にいい暗示を聞く方法も毎晩やっています。 最初は 半信半疑だったけれど10日めほどくらいから効果がでてきたように思います。

前はみんなと同じように笑えませんでした。というよりほとんど声をだして笑うことはなかったです。 そして もう私はだめなんだ普通じゃないんだとか8才のあのきっかけから私は変になってしまったんだとか もうそればっかりでした。結局 そんなマイナスイメージによって 私の中の本来はある 楽しむこととか 笑う 感情などが私の心の内側に閉じ込められていたんだと 思います。 そういうことで 今は仕事に行ってもとっても楽しいのでうれしいです。

今のところはこれからもずっとMT法をしていこうと思っています。これからも お仕事がんばってください。! 
年齢退行の時,、家族のことやお母さんのお腹にいる時のことを思い出すと涙がでてとまりませんでした。人の魂は 何度も生まれ変わっているという話は なんだか信じられるような気がします。(S)


 催眠療法を受けてから約1ヶ月たっているのに、その時のことを 思い出しただけで、その時の感覚が甦ってきて、思わず泣いて しまいました。でも、催眠療法を受けた時と同じように、自分が癒されていくのがわかりました。

大人になると泣くこと自体、人に受け入れてもらえないですけど、 泣くことで自分が癒されることもあるし、私自身、人前で泣けないけど、 泣きながらいろいろなことが浮かんできて、今の私の気持ちや考えに気付くことが出来るんです。そうすると、今まで頭でいくら考えても出て こなかった答えを、インスピレーションという感覚で受け取ることが 出来て、すっきりします。絡まってしまった糸がするするほどけていく ような感じです。

催眠療法を受ける前の私は、自分が何をしたいのか?とか、 これからどうすれば自然体で生活していけるのか?とか、今の 私自身の状態がどういう状態なのか?とか、頭で考えてました。 でも、ストレスがたまって疲れてる状態で考えても、前向きな答えは 出てこなかったし、考える気力すら無かった状態でした。 催眠療法を受けてからは、自分を肯定してあげることの大切さや、 どういう方法で自分が癒されるのか(私の場合は泣くこと)がわかって、 とても良い経験が出来たと思います。 本当にありがとうございました。(A)


 今日も心は爽やかです。 昨日、帰りながらも催眠中には思い出さなかったさまざまな事が、どんどん頭に浮かんで来て、セッションの時とは違うことで、自分がパターンを繰り返していることに気付きました。 ところが、寝る前にそのことを書き留めて置こうとすると、思い出したことがらはいくつか思い出せるし、パターンとしていたことも分かるのですが、その時に切れていた回路が次々つながってぱっと電気がつくような、気付きがあったはずなのに、それがなんだったか、もう、思い出せないんです。これは、単純にボケているだけなんでしょうか?そして、自分でいろいろ思い出した時はどうやって、開放すればいいのでしょうか? 

(答え、ひらめきは心に留めておこうとしても、かき消されてしまうことが多いようです。ですから、催眠中は、パソコンで記録を取っています。日常は、メモを持ち歩くと良いと思います。)(t)


 さまざまに起こる現象を悠久の時の流れで考えてみると、本当にこの短い100年に及ばない世界の間で起こることに躍起になるのはばかばかしいですね。人生はちっぽけなものではなく、数百年、数千年の単位であることを理解すれば短絡的な因果応報が起こらないことに、苛立ったり、悩んだりしなくてすみますね。今与えられたものに、感謝をすることを忘れなければ、どんな状況におかれても、それなりの意味と幸せは見つかるんだなあと思いました。 

催眠療法を受ける前に自分が独自の方法で見ていた前世は、現象を把握することはできても、その意味と目的を理解し、自分の人生を豊かにする糧としては使えませんでした。ただワイドショーを見るような感覚で、おもしろがっていた非常に皮相的な感覚だったと思います。 

やはり催眠療法を通じて正しい方向に誘導してくださる方があるのは、ありがたいですね。12万円は確かに高額の支払いですが、とても意味のあるお金の使い方だと思います。自分のインナートリップへの添乗員さんが、うまくガイドしてくださらないと、目にみえるコースではないですから、まかり間違うととんでもないものをつかんでしまいますね。

なかなか催眠コースを私が住んでいた海外では受ける気になれなくて、ガイドしてくださる方を信頼できる方にと、時機を見ていて日本に来てから受けたのは正しい選択だったと思います。 
例えば数百年前に何か遂げる思いを残して死んでしまっても、いつかまた別の世の中で違った形で出会うこともできると考えると、ものごとが違ってみえますね。 

今年は六星占術でいうと良くない年なのだそうですが、客観的に見ると悪そうなのかもしれませんが、自分自身の心の満たされ具合を考えると、とても幸せな日々だと思うのです。(海外にいる間はこんな気持ちになれなかった)世俗の目にみえる現象で幸福度を判断することを超えてしまうと、随分軽くなりますね。

自分が今回の人生を肉体を持ってパートナーとして歩んでいく人と生活を始める前に、このことに気が付いてよかったです。 事象はともあれ、とても自分が幸せな人生を歩んでいくんだろうなと確信しました。 (N)


 年令退行では、いままで何かあるはずと思いながら防衛が強くて見えなかった母親に対するコンプレックスが出てきたのが大きな収穫でした。山崎さんに、よく笑ってましたねー、といわれたので、今までの人生については、自分なりに解決がついているのだと思います。 

前世療法では、ハイヤーセルフの他に、女性(ユングの言うアニマ?)が出てきて、自分の中で男性性と女性性の合一が行われたりしました。そのうち自分の中の怒りの象徴である存在が、力の象徴として獅子になって腹におさまり、その上の胸に愛がおさまりました。あとで分かったことですが、これは、第二、第三チャクラ(力や恐れのチャクラ)の上に第四チャクラ(愛のチャクラ)があるという構造と一致していました。道教では、人間のなかに、玄武、白虎、鳳凰、青龍、などの動物がいるという話や、西遊記は人間の中のさまざまな野獣を飼い馴らしていく精神的な成長の旅の物語なのだということも思い浮かびました。

昼間も、体の発する信号に敏感になり、呼吸に注意していたら体が自然に動く感じをかなり持続できるようになり、とても自然な流れるような感覚で過ごせるようになり、嫌な人と話すときも呼吸に気をつけながらそこにいけば全身がリラックスした状態で恐れがなく優しく話せたりして、自分に対する気づきがとても速いペースで進んでいました。 

ハイヤーセルフは、私に自分で考えなさい、と言っていたので、そうすることにしました。わたしには、すべては愛であり、悪魔は人間が悪い気でもって物事を見たり考えたりするために(人間の中に)生じるものだと思うのです。 このあと、ライトボディーのセミナーを受けています。 
自動症体験は、呼吸の大切さや、恐れによる気持ちの曇りのない、自然な流れるような感覚を実感できたという点でとても貴重な体験でした。  もうひとつ、なぜかスポーツをするときに体に不要な力が入らなくなったので、反応が早くなり、疲れが少なくなりました。(K)


 最初は催眠状態なのかどうなのか半信半疑でしたけど頭の中に自然と次々に言葉やイメージ、場面が浮かんできてこんな事ってあるのかなって不思議に思いました。 
で、自分の頭の中でおきた出来事を今思い起こしてみると、やはり今の自分自身を形成してる性格に多大な影響を及ぼしているのを実感します。 

それから、生きることの意味、生きなければならない理由を心の奥深くに刻み込むことができました。 
今後はハイアーセルフからのメッセージを聞き逃さない自分をつくるため 瞑想で自分の内面をもっともっと探って行きたいと思います。 (T)


  その後、順調に、社会復帰出来たおかげで、急に、忙しくなってしまいました。 
あれから、一ヶ月以上経ってみて、以前とは随分違う自分を、発見するたびに新鮮な驚きを味わっています。 

様々な形で、心の問題で悩んでいる多くの人たちがこのようなセラピーに出会って、少しで楽になるチャンスが増えればいいのにと思います。 

前世の、何が具体的に分かったから、どうこうと云うのではなく、今の自分以外に、そういったものを含めてたくさんの自分がいる、という事が実感できた。 
その実感が、自分の内面に変化をもたらしたのだと思います。(M)

 


・・・
・・・

 

催眠療法の予約

はこちらをクリックして下さい!!


ご予約/お問い合わせ