“ガイドさん”に繋がるというPさんの素晴らしい問題解決方法がこれ!

お問い合わせ&ご予約はこちら

メールマガジン

MAIL MAGAGINE

“ガイドさん”に繋がるというPさんの素晴らしい問題解決方法がこれ!

■「瞑想と催眠療法」■第475号
“ガイドさん”に繋がるというPさんの素晴らしい問題解決方法がこれ!
2016年4月5日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎このメールマガジンは、ラディアンス関連にメールを送って頂いた方や、
名刺交換させて頂いた方に無料で配信させて頂いております。◎
このメルマガのアドレスは送信専用です。連絡は、文章末のアドレスにお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回は、ラディアンスの催眠療法や瞑想セミナーを受け始めて、半年経つ 
Pさん(女性)からの嬉しいメールを紹介しましょう。

メールの中の「ガイドさん」とは、「内なる叡智」の事です。
京セラの創業者の稲盛和夫著の「生き方」の中の「知恵の蔵」を擬人化したものです。

「ガイドさん」は、あなただけの素晴らしいメンターやアドバイザーになってくれます。

ニール・ドナルド・ウオルシュ著の「神との対話」も
雲黒斉著の「あの世に聞いた、この世の仕組み」も
「ガイドさん」からのメッセージを受け取って書いた本なのです。

あなたも「ガイドさん」に繋がることができます。

kamitaianoyo

 

 

■稲盛さんの著書「生き方」からの抜粋 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京セラの創業者の稲盛さん曰く

“「知恵の蔵」それはいわば「叡智の井戸」だが、その所有者は人間自身ではない。
例えば、神や宇宙が蔵している普遍の真理のようなモノで、その知を授けられることで、
人類の持てる技術は進歩し、文明を発展させることが出来た。“

“「知恵の蔵」を開いて知恵を得るには、燃えるような情熱を傾け、真摯に努力を重ねていくしかない。”

なのです。
旧来の方法だと難しいのです。

安心して下さい。
ラディアンスの催眠療法や瞑想セミナーを受けると、すっと繋がり、
様々なメッセージを受け取れるようになります。

更にヒプノセラピスト養成講座では、自分のガイドに繋がるだけでなく、
相手のガイドに繋がり、ベストな催眠療法を行う方法も学びます。

潜在意識に染み込む自己暗示文もすらすら書けるようになります。

tolive

 

 

■Pさんから 毎日続けられなかった理由が分かった!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

missp

自己催眠や瞑想や自己暗示を毎日できるようになって、本当に嬉しいです。
自己催眠だけじゃなく、あらゆることで「毎日続ける」とか「日々努力」とか、
ほんとうにできない人間でしたから。
仕事すら変則シフトの勤務じゃないと続けられないと思っていたくらい(笑)

毎日とは出来ないなりに、自己催眠をしていくなかで、
ガイドさんたちに「毎日続けられない本当の理由はなんですか?」ときいて、
理由が分かったことで、そこを癒すことができました。

あらゆる場面で「毎日〇〇できない」本当の理由は、やはり幼少期にありました。

物心ついたときから毎日コロコロ気分の変わる母に合わせて行動していて、
失敗すれば暴力をふるわれたことで、
「毎日決まって○○をすること」
「毎日同じリズムで過ごすこと」
「安定した日常を過ごすこと」
これらに対して潜在意識が恐怖を感じていました。

「毎日〇〇する」ことは、私の潜在意識にとって、恐怖だったんです。

 

 

■Pさんから あたし、ほんとに成長したんだ、凄い!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

毎日やりたい!と強く思っていてもできなくて、辛くなってしまうこともありましたが、
そんな時にはガイドさんたちが愛の溢れるメッセージをくれました。

そして、ガイドさんたちのご指導どおり、毎日出来なくてもいいや(私のせいじゃないし)
出来るときに出来る範囲でやろう!と思うようになってからは、自然とやらない日が減ってきました。

とどめは、自己暗示でした。

私の作った自己暗示文が、ほんと最高で(笑)
(もちろんガイドさんからメッセージをいただいて作ったのですが)
自己暗示を始めてからは、日々の自己催眠、瞑想、自己暗示は、
「やりたい!」「やらないと調子悪いなぁ、やっぱり。」になってきました。

ガイドさんたちのメッセージを受けて生きていれば、
「毎日安心で何の不安もなく生きる」ことができるかも!と思っています。

ラディアンスに通いだすまでは、「毎日不安」が私の無意識の日課で、
「不安はどこ?ダメな自分はどこにいる?」と探すような日々を過ごしていたのですが、
それが当たり前すぎて、そのことに全く自覚がなく、
自分のことを自分でよく分かっていると本気で思っていました。本当に恐ろしい状態です。

でも渦中にいる間は気づけないんですよね。そして、そこから抜け出したから、
「あ、あの人、私が今まではまってた、おんなじ場所にはまってる…。」とわかるようになってきてて、
あたし、ほんとに成長したんだ、凄い!!って思ってます。

 

 

■Pさんから 本物の問題解決方法はガイドさんが教えてくれた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

srose

 

最近の変化としては、
「毎日自己催眠なんてできない」って思ってしまっていた自分もそうなんですけど、
自分にストップをかけている自分が本当にたくさん出てきていて、
たくさん気づきがあって(ガイドさんたちが気づかせてくれて)
自分の中のリミッター、制限をどんどん取り払っていってます。

毎朝だいたい同じ時間に起きれるようになったし、毎晩自然と眠くなるようになったし、
植物を育てるのが苦手でエアープランツですら枯らしたのに、ミニバラが元気にすくすく育ってるし、
ごみ屋敷製造機だった私が、ごみを意識しなくても捨てることができるようになって、
毎日部屋を掃除しています。

当たり前にやってる人からみたら、「はぁ?」てな感じでしょうけど、
わたしはこれらのことが本当になかなかできませんでした。
自分なりに何とかしたくて、努力はしていました。

10年以上前から、「〇〇になれる〇つの習慣」とか、
「これで人生が良くなる!魔法の〇〇!」とかいう感じの自己啓発系の本とか、
片付けの本もたくさん読んで実行したりしてました。

でもそれらの本では一時的に良くなっても、根本的な解決には繋がらなくて、
良くなった状態は長く続きませんでした。
なぜなら、私には毎日同じことができなかったから。

もう、私は一生できないことだらけで生きていくんだって本気で思っていたので、
毎日何かができる、それだけのことが本当に本当に嬉しいです。

 

■ヒプノセラピスト養成講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

httrain

「内なる叡智」と繋がるのはヒプノセラピスト必須の技能です。

ヒプノセラピストは催眠中に、クライアントさんのガイドに繋がると、
どのように誘導していけば、問題解決ができるか容易に知ることが可能です。

さらに、自らのガイドに繋がることにより、日々自らの問題解決が可能です。

催眠療法を始めると、自分と同じ問題を持った人がやってきます。
すると、その重圧でセラピスト自らが悩み、つぶれてしまいます。
常にガイドに繋がり、自らの資質の向上をはかることが必須です。

ラディアンスのヒプノセラピスト養成講座で
「内なる叡智」と上手に繋がる技術をマスターしましょう。

ヒプノセラピスト養成講座2016年4月期 4月9日開講 絶賛受付中
http://www.radiance.gr.jp/news/hsschool.htm

ヒプノセラピスト養成講座 講座の内容
http://radiance.rad4a.com/school2/th_training/hpb/contents.html

 

 

■幸せな結婚が意図的にできる時代がやってきました(2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fillip2

 

Fillipに連載中
http://www.fili.co.jp/filip/archives/970

Pさんもこれを受けています。

 

 

■水曜日無料セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

mentalpup2

成功脳を作る メンタル力アップ無料セミナー  毎週水曜日 14時~16時
http://www.radiance.gr.jp/news/wednesday.htm#mental

mupsemilogo

幸せな結婚をする 結婚力アップ無料セミナー 毎週水曜日 19時~21時
http://www.radiance.gr.jp/news/wednesday.htm#marriage

 

━━━━━━━━━

発行者:

ラディアンス

代表 山崎靖夫 & 靖子

yopk2

〒112-0005

東京都文京区水道2-12-2

坂田ビル205号室

(東京メトロ 有楽町線 江戸川橋駅より徒歩5分)

Tel: 03-6912-2705

Fax: 020-4622-3149

PC用HP: http://www.radiance.gr.jp

Facebook: http://www.facebook.com/chradiance/

いいね! お願いします。

Email : info@radiance.gr.jp

━━━━━━━━━

■皆さんのご意見や感想をお待ちしております。

是非是非どしどしお寄せ下さい。

メルマガ相互紹介、ジョイントベンチャー

大歓迎です。

■メルマガの登録・解除は、ご自身で下記HPから可能です。

http://www.radiance.gr.jp/mail-magazine/#02




・・・・・
・・・・・

ご予約/お問い合わせ