メリット3 人生の諸問題を解決

お問い合わせ&ご予約はこちら

メリット3 人生の諸問題を解決

mentalup740

 

 


 

 

メリット3 人生の諸問題を解決

 

人生の諸問題、それは心の傷から発生します。

それも、子供の頃にできた心の傷です。
大人になっても心の傷はできますが、それは、子供頃の心に傷に反応したのが原因でできています。
子供の頃のその傷が、あったからこそできたのです。

そこで、重要なのこが子供の頃の心の傷を探り、癒やすことなのです。

 

心の傷

 

心の傷のない人はいません。心の傷はあって当たり前なのです。
そこで、催眠や瞑想が不必要な人はいません。

 

心の傷により、人生に様々な問題が発生します。
しかし、通常の意識状態では、その問題の原因となる心の傷です。
それに気付けないので、ストレスがたまり、更に問題が悪化します。

恋愛・結婚・子育て・仕事・健康・人間関係の問題の殆どは、催眠や瞑想で、心の傷を癒やしていくと解決します。

 

happyprobrem

 

どのようにして、心の傷が出来るか説明しましょう。

心の傷ができるのは、大きく分けて以下の3つについて、感じ取ると分かります。

1,親離れの過程でできるトラウマ
2,罪悪感
3,オキシトシンの分泌不足によりできる心の傷

 

1,親離れの過程でできるトラウマ

私たちには子供の頃の反抗期があります。

出産のトラウマ

まず、お母さんのお腹の中にいつまでもいたい。
自分が成長すると、お母さんのお腹が破裂してしまうので出ないといけない。

 

乳児期のトラウマ → 第一反抗期

おっぱいを飲み続けたいが、やがて塩水になってしまう。
お母さんにベタベタくっついていたい、でも、外の世界も気になる。

 

幼児期のトラウマ → 第二反抗期

親の庇護の元で暮らしていたい、でも、自分で獲物を獲りに行きたい。
家族と一緒にいたい、でも、お友達や異性も気になる。

 

心の狭間で葛藤

上記のそれぞれの時期に、両親からの有り余るほどの十分な愛情が欲しいと思っています。

例えば、一緒にいて、上手くできたら、たくさん褒めて欲しい。
自分一人で外に出て行って、失敗して泣いて戻ってきたら、思いっきり抱きしめて慰めて欲しい。

両親からの独立したい思いと、両親に甘えていたい思いとの狭間で葛藤しているのです。
もし、両親から独立してしまったら、もう面倒を見てくれないのではないかという心配があります。

このとき、たくさんの愛情をもらっていると、心配が少ないのですが、
実際に受け取っている愛情の量では、不十分なので、不安を感じて、反抗してしまうのです。

 

 

2,罪悪感

親は子供の将来を案じて、子供が親の言うことを聞かないと叱ります。

子供の頃は知識や経験が少ないので、叱られれば、叱られるほど自分に罪悪感を感じてしまいます。
親が体罰を与えると、叱られるほど罪深い自分なんだから、罰を受けて当たり前と思います。

すると、罪悪感が更に昂じて、自分が悪いことをしていない相手に対しても、
様々なヒト・モノ・事態に対しても罪悪感を感じるようになります。

すると、自分は、いつ罰を与えられるんだろうと、怯えながら生きるようになります。

さらに、相手から罰を与えられないように、嘘をつこうとか、先に攻撃しようとかと、思うようになります。
それが、更に罪悪感を増していきます。更に、罰を受けることに怯えるようになります。

このような悪循環が、心の傷を作り、さらに大きくしていきます。

 child1

 

3,オキシトシンの分泌不足によりできる心の傷

193034

オキシトシンは脳内ホルモンです。

脳内で分泌されると、血中や、尿中に出るので、オキシトシンの分泌量の測定が容易だったり
動物の場合、遺伝子操作で、オキシトシン分泌を抑制したノックアウトマウスを作れたり、
鼻から投与すると効き目が出たりするので、オキシトシンの効果を簡単に確かめられます。

そこで、最近は、動物実験で、効果効能が確認され、人間での調査も盛んにされています。

今や、医学界ではオキシトシンについて、よく分かっているのです。

オキシトシンは、たくさん分泌されると、幸福感を感じます。
少ないと、ストレスを感じ、仲間と争い合います。

そこで、オキシトシンの量を測れば、その人の幸せの度合いを正確に測れるのです。
幸せの度合いが少ない人ほど心の傷がたくさん出来、心身の病気もたくさん発生させています。

 

あなたがオキシトシンをたくさん分泌出来る人か否かは、子供の頃を振り返ると分かります。

 

■両親について

両親が幸せな結婚をして、幸せな会話・スキンシップ・性生活をしている。
単身赴任や交代勤務、共働きではなくて、夫婦一緒の時間が多くあった。
すると、オキシトシンがたくさん分泌され、夫婦仲が良くなります。

 

■お母さんについて

帝王切開ではなくて、自然分娩
ミルクでなく、母乳
子供が小学校を卒業するまでは、専業主婦
すると、子供とのスキンシップが増し、オキシトシンがたくさん出て、子供の面倒をよく見ます。

 

■あなたについて

両親が上記を満たし、叱らず、たくさん褒め、スキンシップをたくさんしてくれていた。
親子間での会話が多く、ご飯も家族一緒に楽しく食べていた。
家族団らんが楽しい。
すると、あなたはオキシトシンをたくさん分泌できるので、幸せを感じ、人間関係も良いのです。

しかし、オキシトシンの分泌が不足すると
胃や、腸の病気に繋がります。
胃もたれが起こりやすかったり、下痢が多かったりします。

また、心のコントロールが上手にできず、イライラしやすかったり、怒りっぽかったり、喧嘩早かったりします。

 

■普通の意識状態

普通の意識状態で幼児期を振り返ってみても、自分がどれほど満たされていたかはなかなか分かりません。
幼児虐待とか、育児放棄とかをされない限り、多くの方は、自分は普通だと思っています。
でも、幼心は実に微妙で、愛情不足を敏感に感じ取って、心の傷を作っているのです。

 

 

心の傷は、催眠療法や瞑想法で十分に癒やすことができます。

人生で上手くいかない原因は、心の傷だったのです。
催眠療法や瞑想法によって、心の傷を癒やし、人生の諸問題を解決しましょう。

上記の「人は愛することで健康になれる」という本の中にも催眠療法の有効性が、明確に記されています。

 

r4htop_s

 

 

 


・・・・
・・・・

ご予約/お問い合わせ