test2

お問い合わせ&ご予約はこちら

test2

ペルソナを明確化し、力を集中させる、究極の集客方

 

■究極の集客方法

 

解説動画を見て、概要を理解し、
瞑想1を聞いてペルソナ作りをして、
瞑想2でしっかり集客して下さい。

一度だけでなく、瞑想を何度も行うと、行えば行う程、効果が高まります。

 

 

■ペルソナを作る

「企業が提供する製品やサービスにとって、もっとも重要で象徴的なユーザーモデル」であるターゲット。

そのターゲットが、どのような趣味や価値観を持って毎日を送っているのかを
一人の人間像に落とし込むことを“ペルソナを作る”といいます。

そうして作り上げた人間像をペルソナと言います。

集客にも、商品開発にも必須の方法です。

 

 

■解説動画(約29分)

是非ご覧下さい。

 

 

 

集客をするときに、どんな顧客層をターゲットにするか、顧客ターゲットを一人の人物まで絞り込み
ペルソナを特定する事が重要です。

ペルソナ特定には、これまでの顧客を思い浮かべ、その中から、これから来て欲しい顧客をイメージすると上手くいきます。

 

 

■ペルソナ作りを瞑想をの状態で行う

瞑想の意識状態では、集中力、洞察力、ひらめき力が増しています。
そこで、通常の意識状態で行うよりも、短時間で的確な作業を行う事ができます。

 

瞑想は、紙とペンを用意して行って下さい。

 

 

■瞑想1 ペルソナ作り

 

三角ボタンを押すと再生します。

 

■瞑想の内容

 

これまでの上質な顧客名を列挙し、これから来て欲しい顧客をイメージし、下記を仮定する  (3分)

性別
年齢層  
職種(職業)
所得(売上高)
世帯規模(企業規模)
学歴(自社の商品知識の深さ)
住所(所在地)

更に具体的な人物像にしていく

その人は、

どのようなライフスタイルを送っているか? (2分)

どのような思考や行動の傾向を持っているか? (2分)

どのような悩み/ストレスを抱えているか? (2分)

どのようなゴール/願望を持っているか? (2分)

 

事例は、バズ部の「コンテンツマーケティングの進め方」から引用していますので、具体的です。

こちらの方も、是非読んで参考にして下さい。

 

 

■瞑想2 意識の力を最大限に使い、顧客を惹き付ける

 

三角ボタンを押すと再生します。

 

 

瞑想の手順

 

2-1 惹き付ける手段を列挙する
2-2 自分が完成体になって喜んでいる様子を楽しむ
2-3 先祖、人間関係、環境を感じ、惹き付けるパワーを増す
2-4 対象にエネルギーを送る
2-5 強力に惹き付けるために、手放す

 

 

■より高い効果を上げるために

解説動画中でも、お伝えしましたが、あなたの幼児期の心の傷が癒え、自己肯定感が高まっていればいるほど、集客が上手くいきます。

 

心を癒し、自己肯定感を高めるには、催眠療法が有効です。

催眠療法
http://www.radiance.gr.jp/hypno/

 

自己催眠で、催眠の効果を強化できます。

自己催眠セミナー
http://www.radiance.gr.jp/news/self_hypnosys.htm

 

今回の瞑想法は、磁石のように惹き付ける瞑想セミナーの応用です

磁石のよう惹き付ける瞑想セミナー
http://www.radiance.gr.jp/service/meditation/#mag

 

更に、磁石のように惹き付ける瞑想セミナーは、ライトボディの覚醒化の瞑想セミナーが元になっています。
ライトボディの覚醒化の瞑想セミナー
http://www.radiance.gr.jp/light/

 

 

 

これらの方法を有効活用して下さい。

 

 

■瞑想の応用例に戻る

 

 

 

 


ご予約/お問い合わせ