「ガンと瞑想法」

お問い合わせ&ご予約はこちら

メールマガジン

MAIL MAGAGINE

「ガンと瞑想法」

■「瞑想と催眠療法」■
第189号「ガンと瞑想法」

2012年6月7日発行
━━━━━━━━━━━
◎このメールマガジンは、ラディアンス関連にメールを送って頂いた方に全員に無料で配信させて頂いております。◎

cancer

今回も、創元社刊の「ガン治癒への道」サイモントン博士著 からの引用です。
サイモントン博士の提唱する、サイモントン療法は、ガンの心理療法です。

サイモントン博士は、ガン患者に放射線を当てて治療する医師でした。
ところが、同じ程度のガン患者でも、治る人と、治らない人がいることに気付きました。

その原因を調べていくと、「心の持ちよう」が大きく影響していることが分かりました。
そして、ガンの心理療法である、「サイモントン療法」を確立しました。

一般的には、「病は気から」とか「笑いは百薬の長」と言われていますね。
これを研究する学問が「精神神経免疫学」です。

これは、私が長年ソニーで「瞑想と催眠」を通じて研究してきた課題です。
そして、研究のきっかけとなったのが、このサイモントン療法です。

 

━━━━━━━━━━━
■ガンの原因
━━━━━━━━━━━

サイモントン博士は、以下のように伝えています。

simonton

今日ガンを引き起こす多くの要因が突き止められています。
それは、
先天的な遺伝傾向
喫煙
過度の日光浴
ある種の生活習慣
環境上の危険因子への暴露
そして、ストレス。

つまり、ストレスはガンの唯一の原因ではありません。
しかし、改善しようと決意したら一番効果が出るのが、ストレス対策なのです。

なんだそうです。
私も同感です。

 

━━━━━━━━━━━
■ガン細胞は弱い
━━━━━━━━━━━

実際に私達の体内では、一生のうちに何度もガンが発生しています。
しかし、免疫系がそれを打ち負かしています。

ガン細胞は非常に弱く、通常の心理状態では、発生しても直ぐに退治されます。

しかし、免疫系がストレスによって弱り切っていたら、体内の防御が上手くいかず、
ガンが発病してしまうのです。

個人差はありますが、ガンの原因は、「1年半くらい前に発生してなかなか対処
できなかった大きなストレス」だと言われています。

そして、なかなか対処できなった原因の一つは、ストレスの大きさ、
そして、もう一つは、本人の偏った考え方の癖(信念)なのだそうです。

 

━━━━━━━━━━━
■3つの思考
━━━━━━━━━━━

不健康な思考、積極思考、健全な思考

●不健全な思考
健常人も陥りがちですが、ガンで死亡してしまう人の思考です。
例えば、「いかに手を尽くしても私は2年以内に死ぬだろう」

●積極思考
ガンが治りそうで、治らないのが、この思考です。
頑張りすぎがマイナスになります。
例えば、「2年後にも私は健康に生きているだろう」

●健全な思考
これが、ガンを打ち負かし、生き延びる思考だそうです。深いですね。
例えば、「2年後には生きているかもしれないし、生きていないかも知れない。
しかし自分の行動によって大きな変化を起こせることは確かだ。」

普段から「健全な思考」が出来ていれば、ガンになりにくいですし、
ガンになっても、スムーズにガン治癒が進みます。

私達は普段から頑張りすぎるのです。
そして、知らず知らずのうちにガンになる道を選択してしまっているのです。

 

━━━━━━━━━━━
■瞑想の重要性
━━━━━━━━━━━

健全な思考を取り戻すために、1日に1~3回、数十分間の瞑想を行うのだそうです。

medradj-2

サイモントン博士曰く
「私にとって、瞑想とは、何にもまして優先すべきものなので、
1日のスタートを瞑想によって始めるようにしています。」

そして、次のような、健全な思考が出来るようにする5つの瞑想が紹介されています。

1,ガンに対する信念を変える瞑想
2,信頼感を育てる瞑想
3,内なる叡智との対話をする瞑想
4,痛みを解決して、自分への信頼を高める瞑想
5,死の恐怖を軽くすることによって、治癒のエネルギーを増大する瞑想

 

━━━━━━━━━━━
■瞑想の習慣化を邪魔するもの
━━━━━━━━━━━

ガンになってから瞑想を始めようとすると、「自責の念」や「失望感」、「死への恐怖」
が、瞑想の習慣化を邪魔するそうです。

ところが、ガンになる前だと、1回の瞑想時間が10~30分だとしても、
次のような思いから、時間がかかりすぎるとと重荷に思ってしまうのだそうです。

自分が直面している問題から逃れるために、仕事を忙しくしたり、
自分への無価値感から、自分は病気になって苦しむのが相応しいと思っていたり、
苦しまないと成長できない、修行である人生には苦行が付きものと思っていたり、

このように私達は、自らストレスまみれになる人生を選択してきてしまっているのです。

更に、瞑想については、マスコミ等の誇大広告により、心無い瞑想家により、
実際とはかけ離れた、正しくない報道がされいています。
そして、瞑想法に限りませんが、その技能の修得には時間がかかります。

そこで、自分がやっている瞑想が、上手くいっているのか否か、なかなか自信が持てず、
途中で諦めてしまうのです。

 

━━━━━━━━━━━
■ラディアンスの瞑想法
━━━━━━━━━━━
med2

ラディアンスの瞑想法と、サイモントン博士の指導している瞑想法とは目的が異なります。

サイモントン博士の瞑想法の目的は、医療用です。
ラディアンスの瞑想法の目的は、医療用ではなく、健康な方が人生を謳歌することです。

 

ラディアンスの瞑想セミナーは、短期間に楽しく効率良く修得できるように、
様々な工夫がなされています。

抜粋すると

1,瞑想法を3ヶ月間でマスターできる

ラディアンスの瞑想法は、心理学と脳性理学を駆使し、短期間で日常生活を改善できる
方法をとっています。現代人のための瞑想法です。

しかし、旧来の瞑想法は、出家するお坊さん用に作られています。
そこで、上達には苦行が付きもので、時間もかかります。
いくら頑張ってもリラクセーション止まりなのです。

 

2,親切丁寧な指導

少人数制で、毎回の瞑想の後に参加者全員から、感想と質問を聞いています。
そこで、適切なアドバイスや問題解決が出来ます。他の人の感想も聞けます。

そこで、自分の瞑想のやり方はこれで良いんだ、という自信と確信の元に、
次の瞑想に取り組むことが出来るので、上達が格段に早まります。

 

3,内なる叡智と繋がれる

サイモントン博士の瞑想でも、これを行っています。
ラディアンスの瞑想法では、誰もが無理なく繋がれ、深遠なメッセージを受け取れます。

 

━━━━━━━━━━━
■ラディアンスのサービス
━━━━━━━━━━━


催眠療法

◆◆ 催眠療法 と 4年間のアフターサポート
催眠療法がきっかけとなり、自分自身の「考え方の癖」が分かり、改善できます。
催眠療法は受けただけでは思い出にしかなりません。
受けた後の日々の自己催眠が効果を高めます。
ラディアンスなら、自己催眠用のCDとテキスト、4年間のアフターサポート付きです。
あなた自身を深く知り、性格改善をして、なりたい自分になれます。

催眠療法
http://www.radiance.gr.jp/service/hypnosis/

 

 

◆◆ヒプノ・セラピスト養成講座
ヒプノ・セラピストは、人から感謝される、やり甲斐に溢れた仕事です。
プロとしてのその技能を半年間で身につけることが出来ます。
2012年7月14日15日(土日)~
毎月第二土日に開催。全6回
http://radiance.rad4a.com/school2/th_training/hpb/index.html


━━━━━━━━━━━
■ラディアンスについて
━━━━━━━━━━━

ラディアンスは、代表の山崎がソニー社員だった時、
ソニー(株)創立者の井深大氏の命令で行った、
催眠や瞑想の研究成果を社会に還元するために創立して、
17年目になります。

これまでに、約5000名の方に4万回の催眠療法を施療して、
約700人の方に瞑想法をお伝えしてきました。

安心の実績です。

現在、新しいホームページやFacebookページを作成中です。
お友達申請してくださいね。

https://www.facebook.com/chradiance/

皆さんの笑顔にお会いできることを心待ちにしております。

━━━━━━━━━
発行者:
ラディアンス
代表 山崎靖夫
〒112-0005
東京都文京区水道2-12-2
坂田ビル205号室
(東京メトロ 有楽町線 江戸川橋駅より徒歩5分)
Tel: 03-6912-2705
Fax: 020-4622-3149
PC用HP: http://www.radiance.gr.jp
ブログ : http://radiance4u.jp/
Email : info@radiance.gr.jp
━━━━━━━━━


・・・・・
・・・・・

ご予約/お問い合わせ