「少年の殺人事件と両親」

お問い合わせ&ご予約はこちら

メールマガジン

MAIL MAGAGINE

「少年の殺人事件と両親」

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
「瞑想と退行催眠」 第31号
                  2004年10月6日発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 このメールマガジンは、催眠館ラディアンスのセッションに参加
された方、問合せを頂いた方、或いは送付希望をされた方に、毎月
を目標に無料で送付させて頂いています。前回からだいぶ開いてしまいまして申し訳ございません。
  アドレス変更をされた場合は、新旧アドレスをお伝え下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
  1、今回のトピックス 「少年の殺人事件と両親」 
  2、「ライトボディの覚醒化」の瞑想セミナーのお知らせ
  3、退行催眠療法のお知らせ
  4、 ライトボディ アドバンス セミナー のお知らせ
  5、催眠療法・瞑想セミナー「説明会」のお知らせ
   6、催眠療法「単回コース」のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆◆◆ 1、今回のトピックス  
        「少年の殺人事件と両親」 ◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「重大少年事件の実証的研究」と言う本が、家庭裁判所調査官研
修所監修で司法協会より出されています。この「重大少年事件」と
いうのは殺人事件のことです。殺人事件を引き起こす少年も、非行
少年や特別な少年だけではなく、あなたの周りにいる普通の少年達
も含まれています。一歩間違えると、あなたもその事件に加害者・
被害者として巻き込まれたり、あなたのお子さんが関わったりする
可能性が大です。

 この本は、実際に家庭裁判所で取り扱った未成年者の殺人事件の
記録を基に、裁判官、学識経験者、教員、少年事件関係機関の実務
者らにより、その背景や動機、心理状態等を実証的に分析した研究
の報告書です。これによると、親の育児能力不足が原因で子供に悪
影響を与え、その子が成長し親になり、その子供にまた悪影響を与
える。この連鎖が殺人にまで発展したと記されています。

この本では、重大事件を起こした少年を三つのタイプに分けてい
ます。

   (1) 幼少期から問題行動を頻発していたタイプ
   (2) 表面上は問題を感じさせることのなかったタイプ
   (3) 思春期になって大きな挫折を体験したタイプ

それぞれについて、「家庭」と、「少年」の面から解説していきま
しょう。
重たい内容ですが、しっかり把握しておく必要がありますので、頑
張って読んでいって下さい。

(1) 幼少期から問題行動を頻発していたタイプ

 家庭は、「しつけ」と「虐待」をはき違え、少年の性格や気持ち
を考えずに体罰と叱責を加えてしまう。
親が支配的で押さえ込むようなしつけを行うので、少年にとっては、
家庭が安全な場所になっていない。
普通は、人と握手できるくらいの距離は親密な関係を示すものだが、
親のパンチが届く距離と感じ、そのような近さまで大人が近付いて
くることに恐怖を感じ、積極的に人間関係を切り開いていくことが
できない。
また、親が気付かず、学校や育児相談所から忠告や助言を受けても、
親は自分達が攻められていると被害者意識を募らせてしまう。

 少年は、親からの愛情が欲しいのだが、それが叶わないので、問
題を起こすことによって周囲の関心を惹こうとする。
親は問題行動に適切に対応するだけの余裕がなく、親の体面を汚し
たとして怒り、厳しい体罰を加える。
すると、少年は、親に叱られても罪悪感や規範意識を深めることな
く、ただ見つからなければよいとしか思わず、問題行動をますます
エスカレートさせていく。
そうしながらも、「自分はだめな人間だ」という否定的な自己イメ
ージを強め、親に対する憎しみを募らせていく。
長い間抑え込まれていた怒りの感情の爆発として、犯行を行う。
幼児期からの虐待で、常識では理解できないほどの親への恐怖感が
あるため、犯行が見つかりそうになると、親にも知れるので、その
相手を口封じのために殺すという意識を持つ。

(2) 表面上は問題を感じさせることのなかったタイプ
  おとなしくて目立たず、学校の成績も良く、一見、環境に順応し
ている様に見えていたのに、犯罪を犯したタイプです。

 家庭は、両親もそろい、経済的な安定もあり、外見から何の問題
もないように見える。
しかし、家庭内には、嫁姑・夫婦・親子等様々な問題が渦巻いてい
る。
ところが、両親はそれらの問題を解決する能力や気力が不足してい
て、対処の術がない。ただ、世間体を気にし、家庭内の秘密の漏洩
防止には躍起になっている。
  また、家庭内の問題そのものや、問題を解決する過程に生ずるも
め事や争い事を怖れるため、問題に直面することや、問題が表面化
することを避けていく。
すると、次第に歪みが溜まっていく。どこの家庭でも発生するよう
な些細な問題も、放置し溜めていくとやがて大問題に発展し、やが
て限界となり爆発を起こす。
放置の方法は、お互いのコミュニケーションをとらないようにした
り、見て見ぬふりをする。
放置しても、家庭内での問題は発生し続け、やがて、夫婦間、親子
間で気持ちが通じなくなる。
子供が小さいうちは、親が子をしつけで押さえつける。反抗期の行
動であっても親は理解できず、しつけを強化する。
やがて、子供が大きくなると、子供が親に暴力をふるうが、世間体
を気にして誰にもいえない。
最初のうちは問題に気付いていないことが多く、気付いた頃には問
題解決の手が打てなくなっている。

 少年は、親との間での愛情のこもったコミュニケーション体験が
乏しいため、感情的な発達が遅れてしまう。
喜怒哀楽に乏しくなり、自発的に、熱心に物事に取り組めなくなる。
周囲から指示されたことには従うので、友人からも誘われれば一緒
に遊び、言うとおりに動いてくれるので、周囲からは都合の良い友
達と見られがち。自分から話しかけることは少ない。
親とも友人とも、自然な感情の伴った温かい人間関係を作ることが
できていない。
親のしつけは厳しいため、模範的な良い子を演じ、周りからの評判
は良い。
親のしつけは、時に刃物や火を使う脅しに発展することもある。
親の死は子に大きな精神的ストレスを与えるが、親の死は概して、
子供が大きく成長してからのことが多い。祖父母が親のように子の
面倒を見ていると、祖父母の死はその子が幼い頃に起きやすい。す
ると、親の死のストレスに耐えうる年齢に達する前に大きな悲しみ
を受けることになる。
さらに、その気持ちを両親に伝えられるだけ、両親との絆が育って
いないとその悲しみに打ちひしがれる。

上記のような少年は、実際には不適応感に悩み、現実世界では傷付
き、対応に苦慮するので、傷付くことのない空想世界の中で、万能
感を膨らませていく。
一人の世界に閉じこもる様になり、本やビデオ、ゲームの世界に入
り込み、征服欲求や攻撃欲求を満たすようなものを好む様になる。

ところが、受験や就職などに直面して、あるいは他の出来事で自分
の力ではどうにもならないようなことに直面し、現実の卑小な自分
に向かい合わざるを得なくなると、その万能感が崩れ、自分を守る
ための防衛反応が、唐突で過激なものになってしまう。
  また、一人の世界に閉じこもるので、仲間ができても、仲間と共
感することができず、疎外感を感じてしまう。

(3) 思春期になって大きな挫折を体験したタイプ

 家庭は、夫婦関係も円満で、近隣でも評判の良い家庭。
親は、少年を可愛がり大切に育てているが、少年に対する思い入れ
が強く、少年を過大に評価し、プラス面しか見ようとしなかった。
親から良い面だけしか見られていないことは、少年には、少年が弱
い自分に対するマイナスの感情を持っているということ自体が否定
されていると感じられることになり、結果として、少年は、よい子
の自分という一部分しか親に見せることができなくなる。
人間には、良い部分と悪い部分があるのに、自分にも良い部分と悪
い部分があると言うことを両親に認めてもらえなかった。
このタイプの少年が挫折したときの自尊心の傷付きは、周囲の想像
を超えるもので、相当深刻な不適応状態に陥っている。
しかし、親は良い面しか見ないため軽く考え、子供が本当に困って
いるときにもケアの必要性に気付きにくいことから、少年はますま
す情緒不安定になる。
また、少年が挫折し、どうにも立ち直れなくなったとき、親は自分
の心の中で作り上げてきた「よい子」としての少年像が幻想であっ
たことに気付き、手のひらを返したように、少年を無視したり一方
的に怒りをぶつけたりする。
このように、親が、挫折し傷付いている少年の心情を察して支える
ことができず、親子関係に深い亀裂が生じることが特徴的である。

 少年は、勉強や運動で活躍していたが、思春期(中学校、高校の
ころ)に親の期待に応えられない様なことが起こると、挫折し、プ
ライドが深く傷付き、精神的に未熟なために不安定になる。
相手の些細な言葉や態度に劣等感や挫折感を刺激されると、ガラス
細工が、わずかの衝撃でいっぺんに壊れるようにキレた状態となり、
衝動的に殺人に至る。
親は少年を過大に評価し、少年の弱い点や悪い点を見ようとしない
ので、少年は自分中心の人間関係しか持てず、親密で信頼関係のあ
る対人関係を作れない。
親も先生も運動や勉強などで優れ活躍していると、いたずらや、他
の子への暴力をが有っても、あまり注意しないため、自分の感情の
コントロールができなくなってしまうこともある。
思春期になって挫折に直面すると、それまで抱いていた万能感と現
実のギャップの大きさにがく然とし、自尊心が深く傷付き半ば自棄
的になってしまう。
最初から殺人を犯そうという明らかな意図はあまりなく、予期せぬ
被害者の態度に接し、自分が必死で覆い隠そうとしていた傷付いた
自我があらわになりそうになってパニックに陥り、とっさに犯行に
及ぶという面がある。

と言う訳なんですが、如何でしたでしょうか。
犯罪にまでは至っていないが、幼児期を振り返ると危ない状態にあ
った人もいることでしょう。多少なりとも、心当たりのある人もい
るでしょう。と言うより、全く心配ないという人は皆無でしょう。
心配ないと思っている人こそ危ないのです。
特別な人に起こるのではなくて、ごく普通の人にも発生することな
のです。そして、大元の原因は親なんです。

もう一度書きましょう。
  親の育児能力不足が原因で子供に悪影響を与え、その子が成長し
親になり、その子供にまた悪影響を与える。その子が成長し親にな
り、その子供にまた悪影響を与える。・・・・その子が成長し親に
なり、その子供にまた悪影響を与える。この連鎖が様々な社会問題
を引き起こしているのです。
世の中の問題の殆どは、親のせいですが、親が悪いわけではありま
せん。

このような状態を救えるのが、催眠と瞑想です。気付いたあなたが
その連鎖を止めることができるのです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆◆◆2、「ライトボディの覚醒化」の瞑想セミナー ◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://radiance.rad4a.com/light/

 2004年10月期 
第一回 10月 16・17日(土・日)
第二回 11月 20・21日(土・日)
第三回 12月 18・19日(土・日)
    時間         土曜日13時~18時
               日曜日10時~16時
  ★原則として、毎月第3土曜日とそれに続く日曜日に
               定期的に1年に4期開きます。★
費用:147000円(税込み)

 セミナーと教材が充実しているので、瞑想の技能がどんどん上達
します。両親の愛情を感じるには必須です。
まだ間に合います。どんどん申し込んで下さい。
 
  セミナー参加者のアフターサポートとして、ライトボディのメー
リングリストを設置しています。利用は無料です。
詳細はホームページで。
http://radiance.rad4a.com/light/ml.htm

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ◆◆◆ 3、退行催眠療法のお知らせ ◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://radiance.rad4a.com/hypno/

● 退行催眠療法 (年齢退行 前世療法)

 皆さんが抱えている殆どすべての問題は幼児期や前世を探ってい
くと解決の糸口が見つかります。一人で悩んでいるより、心の専門
家に任せて下さい。問題を未然に防ぐには必須です。

 ソニー(株)創立者の井深翁は自著「胎児から」の中で、我々の
性格や行動パターンは幼児期以前にその大元ができあがってしまっ
ている旨を述べています。
  私もソニー(株)在籍中からの催眠研究の中でこの事実を痛感し、
催眠館ラディアンスでは、幼児期以前にできた心傷を癒すことに注
力しています。

 ラディアンスの退行催眠療法の特徴をお伝えしましょう。
  先ず、2日間で集中して多角的に探る「標準コース」は何度も通
うことなく的確な問題解決に繋がります。
  次に、皆さんが体験した内容をタイプしてお渡ししていますので、
いつでも読み返す事ができ、より気付きが深まります。
  更に、安心の実績と男女のベテランセラピストの癒しの技を堪能
していただけます。

詳細はホームページで確認して下さい。

催眠を受けた方の感想です。
http://radiance.rad4a.com/hypno/topics/impressions.htm
同じような悩みを抱えた人の記録があるかも知れません。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ◆◆◆ 4、ライトボディ アドバンスセミナー ◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://radiance.rad4a.com/light/advance/curriculum/index.htm

●テーマ:「意識を築く/尊さの瞬間」
  両親の愛が子供に十分に引き継がれないことにより、「重大少年
事件」が発生します。自分に無価値感を感じ、自己否定をしてしま
うのです。しかしながら、本来の私たちの行動は素晴らしい可能性
を秘めています。人生で起こるすべての出来事、すべての出会いが
尊いものなのです。
  セミナーにより、周りの出来事に翻弄されることなく、意識的に
選んで行動する、感謝をして瞬間を体験するそんな自分を発見する
ことでしょう。
「物事の本質を見極め、そして決断する」そんな段階に達するよう
になります。

 期日:2004年11月6日7日(土日)
  費用:42000円(税込み、教材費別)
  ライトボディの覚醒化の瞑想セミナー修了者を対象に、アドバン
スセミナーを開催しています。

 アドバンスセミナーには催眠館ラディアンス以外でのライトボデ
ィの覚醒化の瞑想セミナー修了者も参加できます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆◆◆5、催眠療法・瞑想セミナー説明会のお知らせ ◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://radiance.rad4a.com/exp_rad.htm

・催眠療法って何に役立つの? 瞑想ってどんなもの?
・催眠と瞑想、どっちを先に受けたらいいの?
・催眠療法にも、いろんなコースがあって、自分にはどれが合って
いるのだろうか?
・ホームページを読んでもなかなか分からない。
・催眠館ラディアンスってどんなところ?

いろいろな疑問がスパッと解決する説明会を行います。

期日:2004年10月24日(日)
時間:13時30分~16時
場所:催眠館ラディアンス
費用:2000円

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ◆◆◆ 6、催眠療法「単回コース」新設のお知らせ ◆◆◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://radiance.rad4a.com/hypno/exp_sigle.htm

 幼稚園の送り迎え、両親の世話、仕事の都合等で1セッションず
つの予約をしたい方のために、単回コースを新設しました。
1セッション2時間21000円(税込み)です。
現在は木曜日と金曜日に代表の山崎が承っております。

==============================
発行者:催眠館ラディアンス
  代表 心理学博士  山崎靖夫
mail:   info@radiance.gr.jp
HomePages: http://radiance.rad4a.com/
携帯用HP: http://radiance.rad4a.com/i/


・・・・・
・・・・・

ご予約/お問い合わせ