「毒になる親」

お問い合わせ&ご予約はこちら

メールマガジン

MAIL MAGAGINE

「毒になる親」

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
「瞑想と退行催眠」 第16号
                  2001年9月11日発行
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  このメールマガジンは、催眠館ラディアンスのセッションに参加
された方、問合せを頂いた方、或いは送付希望をされた方に、隔月
を目標に無料で送付させて頂いています。
==============================
目次
  1,今回のトピックス 「毒になる親」
  2,「ライトボディの覚醒化」の瞑想セミナーのお知らせ
  3,ライトボディ メーリングリスト のお知らせ
  4,退行催眠療法のお知らせ
  5,雑誌取材のお知らせ
==============================

◆◆◆ 1,今回のトピックス「毒になる親」◆◆◆

 今回は、「毒になる親」という本の紹介です。ラディアンスのホ
ームページの推薦図書のページに紹介してあるので、読まれた方も
多いと思います。読まれた方はもう一度、まだの方は是非読んでく
ださい。本の情報はホームページを参照してください。

 あとがきに、こんな記述がありました。
「最近日本では、子供がおかしくなってきているといわれている。
だが子供は生まれてくるときには無垢のまま生まれてくるのであ
り、それが育っていく過程でおかしくなるというのは、原因が大人
にあるのは明らかであり、それを「社会」のせいにするのはごまか
しである。社会というのは「家庭」という最小単位が無数に集まっ
て成り立っている。もし子供がおかしくなってくるのなら、その責
任のほとんどを負わなくてはならないのは家庭であり、つまりは親
なのである。」

 そうなんですよね。退行催眠療法を続けているとつくづくそう思
いますね。催眠療法の前に催眠を受ける動機や悩みを聞いていると、
殆どの方は、「自分の性格が~~なので」とか、「誰々さんが、こ
うなので」と最近のことを訴えます。
  また、新聞やテレビのニュースでは小中学生が事件を起こすと、
学校や先生のせいにし、学校側が謝罪します。
成長してからの事件は、周りの人のせいにします。

 でも、本当の原因は、その人の幼児期がどのようなものであった
かによっているのです。
物事には主因と誘因があります。例えば、コップの中にティッシュ
ペーパーが丸めてあって、そのティッシュペーパーにはガソリンが
しみこませてあったとします。そこにマッチの火を近づけると火が
つきます。ライターで火花を散らすと火がつきます。電熱器のサー
モスタットの火花、等々。においをかげばガソリンだとすぐに分か
りますが、見ただけでは分かりません。
  この場合、コップの中にしみこませてあるのがガソリンではなく
て水ならば、火はつきません。このガソリンが主因で、マッチの火
等が誘因です。たくさんの誘因があっても、主因のガソリンがなけ
れば火はつきません。
  両親は幼児期の子供の心に問題の主因を作ってしまうのです。し
かしながら、両親も、本人もなかなか主因には気が付きません。そ
れで、成長して何か問題が発生すると誘因にのみ気が取られて、主
因に気が付かないのです。

 両親は、実は子育てのプロではなかったのです。結婚するときか
らも、子供ができたときからも、試行錯誤の連続です。人生で過ち
を犯すように、子育てにも過ちが付き物なんですね。両親にも子供
時代がありました。その両親、つまり、お爺ちゃんお婆ちゃんも、
子育てのプロではないのです。ですから、試行錯誤。そのまた両親
も、そのまた両親もです。「毒になる親」の毒の部分が気付かれな
いまま、連綿と引き継がれてきているのです。
  その連綿と引き継がれている毒のリレーをくい止めるのが、あな
たです。

本文から

 自分をよく見てみよう

 自分の親が「毒になる親」かどうか(すでに亡くなっている場合
には、生存中そうだったか)を判断するのは、常にたやすいとは限
らない。親との関係がうまくいっていない人はたくさんいるが、そ
れだけの理由でその親が「毒になる親」だとはいえないからだ。な
かには、親がひどいのか、それとも自分が繊細すぎるのか、と頭を
悩ましている人も多いことだろう。
  以下に示すのは、その判断を助けるためのヒントである。

(1) あなたが子供だった時
1、あなたの親は、あなたの人間としての価値を否定するようなこ
とを言ったり、ひどい言葉であなたを侮辱したり、ののしったりし
たか。あなたを始終批判してばかりいたか。

2、あなたの親は、あなたを叱る時に体罰を加えたか。あなたはベ
ルトやヘアブラシその他のものでぶたれたか。

3、あなたの親は、しょっちゅう酒に酔っていたり、薬物を使用し
たりしていたか。あなたはその光景を見て、頭が混乱したり、嫌な
気がしたり、怖くなったり、傷ついたり、恥ずかしいことだと感じ
たことがあるか。

4、あなたの親は、いつも精神状態が不安定だったり、体が不調で、
そのためにいつもひどくふさぎ込んでいたり、あなたをいつもひと
りぽっちにして放っていたか。

5、あなたの親はいろいろな問題を抱えており、そのためにあなた
は彼(彼女)の世話をしなければならなかったか。

6、あなたの親は、あなたに対して何か秘密を守らなくてはならな
いようなことをしたことがあるか。あなたに対して何らかの性的な
行為をしたことがあるか。

7、あなたは親を怖がっていることが多かったか。

8、あなたは親に対して腹を立ててもかまわなかったか。それとも、
親に対してそういう感情を表現することは怖くてできなかったか。

(2) 大人としての現在のあなたは
1、異性関係を含み、いつも人との関係がこじれたり、いつも相手
を踏みにじったり踏みにじられたりして争いになるか。

2、あまり心を開いて人と親しくなりすぎると、その相手から傷つ
けられたり関係を切られたりすると思うか。

3、大抵いつも、人との関係では悪い結末を予想しているか。人生
全般についてはどうか。

4、自分はどんな人間か、自分はどう感じているか、何をしたいの
か、といったことを考えるのは難しいか。

5、自分の本当の顔を知られたら、人から好かれなくなるのではと
思うか。

6、何かがうまくいきはじめると心配になってくるか。自分が〝ニ
セ物〟 であることをだれかに見抜かれはしないかと不安になる
か。

7、はっきりわかる理由が見あたらないのに、時どき無性に腹が立
ったり、なんとなく悲しくなったりすることがあるか。

8、何事も完全でないと気がすまないか。

9、リラックスしたり、楽しく時間を過ごすことが苦手か。

10、まったく悪意はなく、人によくしようと思っているのに、気が
つくと「まるで自分の親みたい」に行動をしていることがあるか。

3) 現在のあなたと親との関係
1、あなたの親はいまだにあなたを子供のように扱うか。

2、あなたが人生において決定することの多くは、親がそれをどう
思うだろうかということが基本になっているか。

3、親と離れて暮らしている場合、あなたはこれから親と会うこと
になっているという時や、親と一緒に時間を過ごした後で、精神的、
肉体的にはなはだしい反応がでるか。

4、あなたは親の考えに反対するのに勇気がいるか。

5、あなたの親は、あなたを威圧したり、罪悪感を感じさせたりし
て、あなたを自分の思い通りに行動させようとするか。

6、あなたの親は、金銭的なことを利用して、あなたを自分の思う
通りに行動させようとするか。

7、親がどういう気分でいるかはあなたの責任だと思うか。もし親
が不幸だとしたら、それはあなたのせいだと思うか。親に幸福感を
感じさせるのはあなたの仕事だと思うか。

8、あなたが何をしても親は満足しないと思うか。

9、あなたはいつの日か親が変わってくれる時がくると思っている
か。

 という訳なのですがあなたは如何でしたでしょうか。
殆どの人が、程度の差こそあれ、両親の中の毒の部分の影響を受け
ていることに気付かれたでしょう。実際には、その影響を受けてい
ない人は皆無です。自分自身がどのように両親の影響を受けてきた
かを知り、それを克服していくことが大切です。お子さんをお持ち
の方は、本書の読後、自分のお子さんへの接し方をご夫婦で話し合
えば、両親の子育てのパターンと、自分のパターンの類似点に気付
くことでしょう。この本を読むことにより気がつかなかった自分自
身の性格のルーツを知ることができるでしょう。

 我々にとって必要なことは、
  (1)自分自身の性格を知る。
  (2)その性格なった原因を知る。
  (3)その性格による悪影響を子孫に伝えないようにする。
  (4)自分の人生を豊かにするために性格改善をする。
ということです。

誰もがしがちなミスは
  自分がどうにかして、親や自分の周りの人の性格を変えれば、自
分がそして、親や周りの人が幸せになると思ってしまうことです。

先ず自分を変化させていってください。自分自身の生活や考え方が
変わることにより、世の中が変わっていきます。

上記の(1)から(4)を実現するためには、瞑想や催眠が最適で
す。

==============================
◆◆◆ 2,「ライトボディの覚醒化」の瞑想セミナー ◆◆◆

ライトボディの覚醒化の瞑想セミナー

 2001年10月期 日付  
第一回 2001年  10月 20・21日(土・日) 
第二回        11月 17・18日(土・日) 
第三回        12月 15・16日(土・日) 
    時間         土曜日13時~18時
               日曜日10時~16時
  ★原則として、毎月第3土曜日とそれに続く日曜日に
               定期的に1年に4期開きます。★

 瞑想と聞くと、それはお坊さんがやるもので、一般人には関係な
いものとか、現実逃避や単なるリラクゼーションと思われている方
も多いと思います。
  マスコミで知らされている瞑想のイメージはそう言う感じなので
すが、ライトボディの覚醒化の瞑想は、現実に密着した人生を豊か
にする技能です。
  自分で本を読んだり、単発のセミナーに参加したんだけど、瞑想
が上手にできないと言う話をよく聞きます。まさにその通りで、ス
ポーツも上達したければ、クラブやスクールに通います。英会話も
同様ですね。そうしていくと上達が早く楽しく学べます。
  瞑想もきちんとした指導者について、練習していくと良いのです。
そこで、瞑想セミナー。3回のセミナーに出席して、家では教材を
使って一日30分の瞑想を続ける。
  瞑想は技能のなので、練習すればするほど上達します。そうして
いくと、非常にリラックスした中で、自分の幼児期を振り返って、
連綿と引き継がれてきた毒の解消や過去世からの毒の解消ができる
ことでしょう。自分の心の奥底と繋がり、本来の自分の発見もでき
ることでしょう。

 ・費用 14万円(3回分、テキスト3冊・CD18枚・
           テープ4本等の教材費込み)
  ・場所 催眠館ラディアンス

==============================
◆◆◆3,ライトボディ メーリングリスト のお知らせ◆◆◆

  瞑想セミナーのアフターサポートして、瞑想を楽しく続けていた
だくために開設しました。 開設して10ヶ月になります。活発に
メールのやりとりがなされています。本当にこのメーリングリスト
を作って良かったと感じています。みなさんのメールを見ていると
ライトボディの瞑想がみなさんの日常にしっかりと根付いているこ
とを感じます。そして、日々の瞑想によって、どんどん成長してい
く様子を感じます。ライトボディの瞑想の効果の凄さを改めて感じ
ました。

 瞑想セミナー、そしてメーリングリスト参加した方がいいですよ。
人生がより豊かに展開していきます。(本音です)

★参加資格
  催眠館ラディアンスのライトボディの覚醒化の瞑想セミナーの修
了者、または、サポーターとしての参加者。
★参加申し込み方法
  メーリングリストのページを参照の後、「ライトボディのメーリ
ングリスト参加希望」と明記して、info@radiance.gr.jp 宛にメールを送
って下さい。その後、確認のメールが届きます。

 ネチケットを守り、メーリングリストを盛り上げ、瞑想を日常に
活かしていってください。参加は無料です。

==============================
◆◆◆4,退行催眠療法のお知らせ ◆◆◆

催眠 
● 退行催眠療法 (年齢退行 前世療法

 催眠療法をしていて感じることなのですが、幼児期の両親との接
し方によって人生のほとんどが決まってしまうんですね。
  私の幼児期は平穏に過ごし問題がありませんので、前世療法のみ
でとおっしゃったいた方も催眠で幼児期に戻ってみると、大粒の涙。
幼児期を催眠で振り返ることって、絶対した方がいいですね、いろ
んなことに気付きしこりを解消しましたと、言われます。

催眠療法によって、幼児期に戻り、自分が嫌に感じている性格の作
られた部分を探り、解放することができます。それを年齢退行療法
といいます。
  更に、どうしてそのような幼児期を過ごしたか、どうして現在の
人間関係に悩まされているのかは、前世を知ることによって分かり、
解放することができます。これが前世療法です。

催眠療法というと、テレビの催眠ショーを思い出すかもしれません
が、催眠ショーは手品と同じエンターテイメント。
催眠療法は、医学界で認めらている療法です。催眠ショーの催眠
とは異なります。

同じような悩みを抱えた人の記録があるかも知れません。
催眠を受けた人の感想です。

==============================
◆◆◆5,雑誌取材のお知らせ ◆◆◆

http://radiance.rad4a.com/magagine/topics.htm
  パフェ 2001年 秋号 (2001年8月15日発行)にラ
ディアンスの瞑想セミナーの記事を掲載していただきました。
  パフェ((株)プラス出版)からは、1999年の冬号に退行催
眠療法についての取材も受けています。
瞑想セミナーと退行催眠療法の両方について読んで下さい。

============================================================
発行者:催眠館ラディアンス
  代表  山崎靖夫
mail:      yamazaki@radiance.gr.jp
HomePages: http://radiance.rad4a.com/
imode:     http://radiance.rad4a.com/i/


・・・・・
・・・・・

 

 


ご予約/お問い合わせ