瞑想の原理

お問い合わせ&ご予約はこちら

瞑想の原理

medit021

 


 

 

瞑想の原理

 上手に瞑想状態になる方法をお伝えしましょう。

 

 

瞑想状態になるには

前ページで、セロトニンが瞑想の意識状態を作っていると書きました。

以下のことを行うと、セロトニンの分泌が盛んになります。

 

 

1,脳へのリズミカルな刺激

仏教でお経を上げるときに使う木魚がありますね。あれは、とても良いリズムを作ってくれます。

腹式深呼吸自体も、リズムを作るのには最適です。

ダンスをしたり、歌を歌ったり、歩いたり、これらもセロトニンの分泌を促します。
集中して長時間行うと瞑想の意識状態になれます。

下記の図は、目をつぶって腹式深呼吸をしたときの脳波の状態です。

瞑想をし始めて、4分目の所に、「速いアルファ波の出現」とあります。
このあたりから瞑想の状態になっています。

 

 

 

 

2,集中へのアシスト

自分のしていることを観察することにより、集中を促すことは出来ますが、それだけだとすぐに気が散ってしまいます。

私達は、物語を聞くのが子供の頃から大好きです。
物語を聞いていると、頭の中にその情景が思い浮かびます。
すると、更におもしろさが増して、次を聞きたくなります。

誘導瞑想という瞑想方法があります。
これは、瞑想のティーチャーが、物語のような文章を語り、生徒がそれを聞いてイメージをしていく方法です。

物語にのめり込めばのめり込むほど、イメージが鮮明になって、行きます。
集中力が増しています。

 

 

3,意識のエネルギーのアシスト

意識のエネルギーと言っても、不思議なものではなくて、電磁波的側面を持っていて、測定可能です。

チャクラをイメージし、チャクラに共鳴する音と色(光)でチャクラを開いていくと、意識のエネルギーの循環が良くなります。

音には特有なイメージをもたらす効果があります。
国によって、人種によって、そのイメージは異なります。

しかし、地球人共通のイメージをもたらす音があります。

例えば

ビンの蓋が固くて開かないとき
「グゥーッ」と声を出すと、力がアップする

会議や商談前に
「ターッ」と力をいれるとやる気が出る

身体測定の前屈の時
「フニャー」と言うとたくさん曲がる

音と体や心には関連性があります。

音を厳選して、瞑想の中で使うと、大きな意識のエネルギーを体の内外に流すことが出来ます。

 

 

瞑想時の重要事項

 

積極的な姿勢

それは自ら積極的に、瞑想状態になろうと努力することです。

○○によって、瞑想の状態にしてもらおうと思っているうちは、上手な瞑想は出来ません。

瞑想は、瞑想の状態を深めようと思って深呼吸をすると、瞑想の状態が深まります。
反対に、瞑想の状態から醒めようと思って、深呼吸をしていると、瞑想の状態が浅くなります。

自分の意識次第でどうにでもなります。

雑念が浮かんできたとき、雑念が頭の中にいっぱいになると、瞑想状態になろうという意識が低下します。
そこで、途中で醒めてしまったり、眠りに落ちたりします。

瞑想がうまくいっているのかと、自分を観察しようとすると、観察することに意識を取られ、瞑想状態になろうという意識が低下します。
そこで、瞑想が浅くなり、余計に上手く行っていないと感じてしまうのです。

 

 

出来た自分を褒める

自分自身の瞑想が上手く出来ているのかと、最初の内は気になるものです。

そこで、瞑想の最中に、自分の瞑想の状態を観察し始めます。
すると、観察することに気を取られ、瞑想状態になろうという意識が低下します。

そこで、瞑想が浅くなり、余計に上手くいっていないと感じてしまうのです。

世の中に最初から上手くいくなんてものはありません。
何度もやっていくうちに、次第に上手くなるものです。

人はけなされるより、褒められた方が気持ちが良いもので、やる気にもなります。

そこで、出来ている自分を褒めちぎり、出来てない部分は、次の時に挽回しようと思えば良いのです。

 

 

瞑想時の意識状態

 

瞑想をすると

雑念が少なくなり、
集中力が高まり
良いアイデアが浮かび、
気持ちよくなっていきます。

しかし、最初のうちは、瞑想状態に入ったという自覚は殆どありません。

普通の意識状態で、ただ目をつぶっているときと同じとしか感じられません。

それは、マスコミの影響で、瞑想への間違った既成概念が出来てしまっているからです。
大きな期待と共に瞑想に取り組み、期待はずれになるのです。

出来なかった自分は脇に置き、出来た自分を褒めていくと、瞑想が上達します。
そして、あなたがまだ体験したことがない、期待以上の効果が表れます。

 

 


 

 

medit021

 

新しい瞑想法

 

ソニック・メディテーションの特徴

 

 

瞑想のやり方

■前ページの瞑想の原理に則って行います。

■椅子やマットの上に座って、背筋を伸ばして、音声誘導の通りのイメージをしていって下さい。

★瞑想の状態にしてもらおうと思うとうまくいきません。
とにかく誘導の言葉通りにイメージして、自らが瞑想の状態に入ろうと努力をするという姿勢が重要です。

■雑念は、目の前に気のエネルギーの流れる川をイメージしてその中に積極的に捨ててしまいましょう。

 

ソニック・メディテーションで瞑想状態になる

この瞑想誘導では、瞑想状態になって戻ってきます。
セミナー中は、瞑想状態になって様々なワークを行います。
ワークの例:
地球と繋がるグランディング、インナーチャイルドを癒やす、前世を再体験する、願望実現する、
自分の内なる叡智に繋がる、相手の内なる叡智に繋がる、自分の自信を高める、慈悲の心を育てる、
気のエネルギーを使う、運気を高める、自分の制限を手放す、魂に繋がる、自他のチャクラを開く、自他のオーラを整える、
内なるヒーラーに繋がる、自分の心身を癒やす、相手の心身を癒やす・・・・・・・。

 

 

新しい瞑想法の感想

 

Aさん

音のエネルギーが体に響いてきて、とても気持ちよく出来ました。
雑念も浮かびにくく、川に流すと、すーっと消えていきました。
瞑想の余韻がまだ漂っています。

 

Bさん

5分より長かったと思うんですが、でも、あっという間に過ぎてしまって、とても気持ちよかったです。
瞑想は今回が初めてなんですが、素敵な宇宙旅行が出来ました。

 

Cさん

これまで私は、物語形式の誘導瞑想をしてきました。
でも、途中でついて行けなくなり、眠ってしまうのです。
この、ソニック・メディテーションは、新鮮で、眠ることなく瞑想が出来ました。

 

Dさん

息苦しいのがホッとすればオンの字かなと思って受けたのが、初めてなのに雑念も川に流せて頭がすっきりしてて、
数年前に入信した宗教よりも、全然こっちの方が凄いなぁと思って、もっと前から知りたかったなぁと思います。

注:ラディアンスは宗教とは無縁です

 

 

今世紀最良の瞑想法

 

■幸いなことに、私は、ソニーの仕事として、たくさんの瞑想法を、体験することができました。

その中で、最も大きな効果をもたらす瞑想法が、この瞑想法です。
1日30分の瞑想練習により、全くの苦行なしに、最大の効果を発揮します。

 

 

次ページに申し込み方法の記載があります。

 


 


 

次のページがあります。下記の  をクリックしてください。

 

 ・・・
・・・

ご予約/お問い合わせ