サイキック・ヒーリング

お問い合わせ&ご予約はこちら

サイキック・ヒーリング

サイキック・ヒーリング

 

ヒーリングの手順

 

第一段階

 相手のエネルギー・フィールドを観察し、そのバランスをとります。
詳しくは、「光の手」 バーバラ・アン・ブレナン著  河出書房新社 を参照して下さい。

handsoflight

 

第二段階

 

 チャクラの状態を観察し、働きを正常化していきます。
参考としてそれぞれのチャクラの、コントロールする器官・内容、主な肉体的病気、性癖上の問題、精神的側面を記します。

chakra

 

○第一チャクラ

Ⅰコントロールする器官・内容
肉体的な健康、排泄器官
Ⅱ主な肉体的病気
痔、膀胱炎、足腰の虚弱
Ⅲ性癖上の問題
非建設的、だらしない
Ⅳ精神的側面
決断力(コミットメント)、現実を鋭敏に感じ取る、人生設計

 

○第2チャクラ

Ⅰコントロールする器官・内容
消化器官(吸収)、生殖器官
Ⅱ主な肉体的病気
アレルギー、ヘルニア、腎臓炎、虫垂炎、冷え性
Ⅲ性癖上の問題
ヒステリー
Ⅳ精神的側面
性に関わること、どの位男らしく女らしくあるか 第2チャクラと第4チャクラは関わりが深い。

 

○第3チャクラ

Ⅰコントロールする器官・内容
消化器官(分解)
Ⅱ主な肉体的病気
胃炎、腹部肥満、骨の問題
Ⅲ性癖上の問題
尊大、エゴ
Ⅳ精神的側面
力量、達成感 ここのバランスが崩れると尊大になり、人の苦しみや苦労への思いやりがなくなる。

 

○第4チャクラ:ハートチャクラ

Ⅰコントロールする器官・内容
呼吸器官
Ⅱ主な肉体的病気
アレルギー、喘息
Ⅲ性癖上の問題
無感情
Ⅳ精神的側面
自分と人をどの位許せるか 自分と人をどの位愛せるか 肺にエネルギーを感じない人は、タバコ等によりそれを満たしている。 ハートチャクラのエネルギーが少なくなると自分の存在を否定しがちになる。 いつまでも筋肉痛が治らない人は、ここに問題がある。 太っている人は、自分と外界を脂肪で遮断しがちである。 外からの刺激が強すぎると、防御するために無感情となる。

 

○第5チャクラ

Ⅰコントロールする器官・内容
神経組織、感覚器官(味覚・聴覚)
Ⅱ主な肉体的病気
咽頭炎、扁桃炎、アデノイド、自律神経失調症、麻痺、言語障害、神経痛
Ⅲ性癖上の問題
意思の伝達能力、自己表現力
Ⅳ精神的側面
人生に必要なモノを取り入れる 体の中のコミュニケーションセンター 自律神経失調症の人は、起こっていることを受け入れたくない人、人との関わりを投げている人である。

 

○第6チャクラ

Ⅰコントロールする器官・内容
視覚、直感力
Ⅱ主な肉体的病気
視力障害、炎症、頭痛
Ⅲ性癖上の問題
混乱
Ⅳ精神的側面
理解力、霊的理解、自分や他人・物事の内面を見る 自分の事をどれだけ客観的に見るか、このバランスが崩れると偏頭痛が起こる。 自分の事を反省しすぎると、自分のエネルギーを集中的に集めるので頭痛となる。

 

○第7チャクラ

Ⅰコントロールする器官・内容
知覚
Ⅱ主な肉体的病気
致命的な病気、健忘症、痴呆症
Ⅲ性癖上の問題
優柔不断、気弱、意志薄弱、依存症
Ⅳ精神的側面
自由意志、人生の総合的な方向性 人生を諦めるとここがやられる。 死ぬことを決めた人にはヒーリングをできない。 健忘症・痴呆症となる人はすべての情報を放棄している。 優柔不断・気弱・意志薄弱・依存的な人には、ここに問題がある。

 

第三段階

 背骨、手、足のエネルギーの滞りを正常化します。

 

第四段階

 第一段階のところで、観察したエネルギー・レベルの上位のエネルギーを観察し(透視)、バランスを整えます。

 

第五段階

 相手と自分の分離を行います。
 必ず行いましょう。

 


ご予約/お問い合わせ