日々の自己催眠の原理。その効果は、本物だった。

お問い合わせ&ご予約はこちら

日々の自己催眠の原理。その効果は、本物だった。

本当に凄い「日々の自己催眠」の効果

子供にとっては、毎日が戦場のようだったんです

 

PTSD

ベトナム戦争というのが昔ありました。泥沼のようなとても悲惨な戦争でした。

それに参加したアメリカ兵の中は、戦争が終わって母国に戻っても、恐怖が蘇り、
夜寝ていても冷や汗をかいてガバッと起き上がってしまったり、
日常生活も正常に行えないようになってしまった人がたくさんいました。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)です。

そこで、PTSDの治療法の研究が進みました。

PTSD_collage

 

 

現代のPTSD

実は、PTSDとは、現在の私達にとって無関係なことではなくて、
子供の頃の様々な出来事が、心の傷となり、PTSDの状態を作ってしまっていたのです。

 

大人にとっては大したことではないように思えることも、子供にとっては大きな恐怖となります。

例えば、
両親の夫婦喧嘩、
両親からの体罰、
兄弟姉妹やお友達からのイジメ・・・・・等、枚挙にいとまがありません。
これらは、一度だけでなく、ずーっと繰り返されるのです。

子供にとっては、まるでベトナムの戦場にいるようです。

 

matrimonial quarrel

 

想像してみて下さい。
親は、大声を張り上げたり、ものを投げたり、暴力を振るい合ったりの夫婦喧嘩を盛んにしますが、
幼子は、それに怯え、怖がって泣いています。
まるで、銃弾が飛び交う真っ只中に、丸腰で放り出されたのと同じです。
そして、これは一回だけでなく、日常茶飯事で、ずーっと繰り返されるのです。
怖いですよ。

 

これらも原因で、成長して大人になっても、恋人が出来なるなるのです。
結婚したくなくなるのです、子供を作りたくなくなるのです。
更に、自分に自信が持てなくなり、性格もかなり歪みます。

 

 

PTSDの実験

rat

人間では実験できないので、ネズミを檻に入れ、電気刺激をし、PTSDの状態にして、それを治療する実験です。

 

1,PTSD状態にする

まず、ブザーを鳴らします。
次に、筋肉がけいれんして、その痛みで、すくんでしまう程の電気刺激をします。
これを、15回程連続して行います。
すると、ネズミは、ブザーが鳴るとすくむ、PTSD状態になります。

 

一度や二度ではPTSDにはならないのですが、連続して何度も電気刺激を繰り返すとPTSDになるのです。

一度、PTSDの状態になると、その後は、回復のための刺激をしない限り、決して回復することはありません。
死ぬまで、ブザーが鳴るとすくむと言う反応を繰り返します。

mouse2

 

2,PTSDからの回復

先ず、ブザーを鳴らします。
次に、電気刺激しません。
これを、15回連続して行います。
すると、ネズミは、ブザーが鳴っても、安全なんだなと学習し、PTSDの状態から回復します。

 

かなり多くの回数の繰り返しが必要です。

 

この時、前頭葉を破壊しておくと、破壊の度合いによって、回復のための回数が増えます。

反対に、脳神経細胞の働きを強化させておくと、回復のための回数を減らすことが出来ます。
しかし、強化をしたとしても、回復の処理をしないと、すくまなくすることは出来ません。

 

以上の事が確認されています。

つまり、ストレスが多い現代人は、PTSDの状態から復帰しにくいのです。

脳神経細胞の働きの強化は、人間の場合、催眠の状態で可能となります。

 

 

具体的な改善方法

 

子供の頃に出来てしまった心の傷や、ネガティブな考え方や性格は、
催眠療法を受け、日々の自己催眠を繰り返すことにより、回復可能なのです。

反対に、催眠療法や日々の自己催眠をしなければ、決して回復することはないのです。

 

 

更に凄いことに、
ラディアンスの「日々の自己催眠101日間」のワークブックは、同じような内容の課題が繰り返されています。

例えば
ます、内なる叡智についての10回以上のワークが続きます。
次に、お母さんについて、10回以上のワークが続きます。
その次には、お父さんについての10回以上のワーク、
そして、兄弟姉妹について・・・・・・。

dad2doughter

 

これらは、このPTSDと、その回復の原理を知らないと、「また同じような内容が繰り返されて、つまらないな」と思ってしまいます。
やがて、中断しかねません。

しかし、この記述のような、回復の原理を知ると、まさに理にかなったやり方だと分かります。

 

そして、人間の場合ネズミより脳の機能が複雑なので、すくまなくなったとしても嫌な思いは残ります。
日々の自己催眠101日間」のワークブックを何度も繰り返すことにより、嫌な思いまで打ち消すことが出来ます。

さらに、良い思いを強化することが出来ます。
嫌な思いをも良い思いにしていくことが可能です。

 「日々の自己催眠101日間」のワークは、現代人にとって、必須のワークだったのです。

 

 「日々の自己催眠101日間」というのは、ラディアンスの催眠療法を受けた後にお渡しする自己催眠のワークブックです。
自己催眠状態に簡単になれる、自己催眠誘導の音声ファイルもお渡ししています。

 

日々の自己催眠101日間」のワークブックを万が一中断していたら、再開して下さいね。

femail

 

 

参考

本当に凄い「日々の自己催眠」の効果
http://www.radiance.gr.jp/knowledge/hypnosis/basic/shypno101/

rat

 

Kさんから“「日々の自己催眠101日間」が、10周目に入りました”
http://www.radiance.gr.jp/mm/mm0539.htm

mssk

 

当たり前のことが当たり前に出来る幸せを取り戻した、Lさんからのメール
http://www.radiance.gr.jp/mm/mm0545.htm

am900_bo017

 

 

 

 

催眠療法の予約

はこちらをクリックして下さい!!

 


ご予約/お問い合わせ